So-net無料ブログ作成

湯西川温泉・湯乃宿 清盛 今年の温泉大賞決定! [旅行・地域]

11月6日、湯西川温泉、湯乃宿 清盛へ投宿。

map1.jpg

女房がじゃらんの口コミがいいことで見つけてきた。
部屋数5部屋のこじんまりした宿で、貸切風呂も充実してて、料理の口コミもいい。
期待にたがわぬ、いい宿だった。

当日は5時起きして6前には白岡を出発。8時前には塩原に入り、そのまま紅葉をめでながら日塩もみじラインで川治・鬼怒川へ抜け、龍王峡で早めのランチをして、ゆっくり湯西川へ向かった。


龍王峡を出たのが11時。
のんびりと湯西川へ向かったが、途中の紅葉もばっちりだった。

最初のポイントは、川治温泉を抜けてちょっと上ったところにある五十里ダム。

SN3N0418.jpg

写メなので、遠景と近景をうまく捉えることが出来ないので、全体を撮るとぱっとしないかもしれないが、実際の目で見ると、かなり美しい。


SN3N0420.jpg

山紅葉のもこもこ感も、ちょうどいい。

SN3N0422.jpg

三依の日帰り温泉に立ち寄ったりしながら、山道を行ったりきたりしていたのだけれど、陽が差し込んで、紅葉というよりも金色の錦秋という感じだった。

SN3N0427.jpg


男鹿川もけっこう見所あった

SN3N0430.jpg

赤というより金色だな

SN3N0432.jpg


湯西川温泉駅付近のダム

SN3N0433.jpg

会津鉄道の鉄橋がかかる

道の駅も併設されていたが、駐車場は一杯だった


湯西川を登ってゆく

SN3N0436.jpg


渓流沿いに紅葉が連なる光景は照葉峡と同じだが、こっちのほうが、スケールがでかい。

道も整備されているのだが、その理由は巨大ダム建設

まるで、八ツ場ダムに押しつぶされそうになっている吾妻渓谷のごとく


SN3N0438.jpg

絶景の渓谷美に異質な人工物が聳え立つ。

湯西川ダム建設でダムに沈む予定の集落の人たちの代替地か? 結構、整備された新しい住宅街が出来ていて、いたるところに工事関係者以外立ち入り禁止があり、時々ダンプが走る。

あほな国家は、ここもダムに沈めてしまおうと言う魂胆なわけだ。
この渓谷美が出来上がるのに何千年もかかっただろうに、それを浅はかにも壊す、なんともやり切れぬ。


延々と渓谷、渓流、紅葉が続く。

SN3N0437.jpg

ほんと、写メでは伝わりきらない絶景が続くのだけれど、おお、わあ、紅葉だ、ここもすごい!とか言いまくりながらのドライブでした。

SN3N0495.jpg

ほんとは、車停められないでスルーしているところの景色が一番いいんだけれど、それは現地にいかないとね

SN3N0494.jpg


温泉郷手前の渓流

SN3N0492.jpg


ほんと、照葉峡もいいけれど、ここもいいなあ

SN3N0493.jpg


湯西川温泉郷の入り口あたり

SN3N0491.jpg





湯西川をどんどんのぼっていくと、ほんと、山ん中の集落

SN3N0465.jpg

川沿いに露天風呂であろう各宿の小屋が並ぶ。

SN3N0464.jpg


時間をつぶしながらも、13時50分には着いてしまった。

SN3N0458.jpg

とりあえず、清盛に車停めさせてもらって、その辺を散策でもしようかなと、宿の人に声をかける。

女将さんが出てきて、「大丈夫でございます」と、チェックインできてしまった。

SN3N0459.jpg

5部屋しかない小さな宿なので、多少早く着いても掃除が終わっていれば入れてくれるという話は聞いていたが、さすがに1時間以上前だからなあと思っていたので、うれしいサプライズだった。

女将さん、かなり声が大きくて元気だが、満面の笑みで迎えてくれた。

宿泊棟とみやげ物屋棟と食事処、そんな旅館旅館した建物でもなく、ぱっと見は民宿。

SN3N0440.jpg

客室は2階

SN3N0456.jpg

奥の自販機のとなりに鎧が

SN3N0457.jpg

さすが平家の里


部屋は12畳の和室に、

SN3N0441.jpg

最近、安めの宿で、建物古かったりしたけれど、ここはまだ出来て12年というから新しいし、畳も綺麗だし、広いし、やっぱり、いい部屋はくつろぐよねえ。

籐の椅子スペース。

SN3N0442.jpg

残念ながら、窓からの景色は、ちょっとだけ山が見えるのだけれど、堤防のドテのようなのがあって、ちょっと残念だが、まあ、いい。散々、お腹一杯なだけ紅葉見てきたから。

5部屋は片側にあるんだけれど、これを、温泉街の道路側が窓になるようになっていれば、宿の前の紅葉も見れるのに、なんでこうなっているんだろう?という気がしましたが。


畳も綺麗だし、トイレはウォシュレットで、テレビも液晶で、

浴衣もまずまず、帯は長くてちゃんと巻ける

お風呂道具セットも、籠に準備されている。

SN3N0444.jpg

お茶菓子は平家最中

SN3N0446.jpg

最中なんか久しぶりだったので、帰りに土産で購入。


お風呂は、男湯(内風呂、露天風呂)、女湯(内風呂、露天風呂)、貸切湯の3つ。

フロント脇に貸切版があって、1部屋1つ、貸切札をもらう。
夕食までは、それぞれに分かれるが、夕食後は夜中まで、3つのお風呂がすべて貸切になるので、男湯が空いてれば貸切札をつけて貸しきってしまう。これが非常にいい!
内風呂も大きいし、露天もあるし、ゆったりだし、回数制限もないし、貸切料金を別に取られるわけでもない。
すばらしい。

ということで、男湯

SN3N0448.jpg

の露天

SN3N0449.jpg


女湯

SN3N0452.jpg


の露天

SN3N0453.jpg

貸切専用風呂

SN3N0451.jpg

二人ならんで入ればちょうどピッタシの、小ぶりなお風呂。
男女、貸切のうち、貸切が一番、熱め。源泉温度は49度くらいなので、大きめだとやや冷めるのかな、特に、冬場は露天がややぬるめのようだ。
朝風呂に貸切へ入ったが、ちょっとアチチっ、でも入れる。
男湯は温度ちょうどいい。けど、大きい分か? ツルツル感というかサラサラ感は貸切のほうが上な気がする。

熱いの好きにもやや温め好きにもいいお湯です。

熱めというだけではなく、ツルツル感が一番濃いように思えた。

とにかく、ここのお湯、ペーハー8.9だと!

なんという高さ!

白根の見える丘もびっくりの8.9です。

化粧水入らずの美人の湯です。

女房に言わせると、ここが一番、湯の花荘が二番、白根の見える丘が三番かな、というくらいのお湯の質です。
私は、硫黄泉とか、伊香保の茶色いのとか、とにかくにごった系の濃いのが好きですが、女房は透明アルカリ系のお肌すべすべが好きなようで、ようは女子受け間違いなしの抜群の泉質といえます。

アルカリ系のヌルヌルした感じではなく、ツルツルした感じ、なにか、液体成分が溶かされているような質感のある、おお、これはかなりいいお湯だねえと、にごり湯好きの私も唸る。


夕食は食事処。

5部屋のうち、4組しかいなかったようで、テーブル・椅子ですけれど、4人がけの大きなテーブルに2人だったので、広く、お隣さんとの距離も充分離れていたので、多少、話し声は聞こえますが、ストレスなく、ここちよい時間を過ごせました。

山葡萄の食前酒に前菜の4点

SN3N0466.jpg

柿の白和え、ししタケ、ヤマメの筋子おろし、銀杏


煮物はサトイモと茄子の煮浸し

SN3N0467.jpg

お造りは鹿刺し

SN3N0468.jpg

私は好きですが、岩魚の刺身との選択肢があったほうがいいかも。

焼き物は岩魚

SN3N0469.jpg

やや小ぶりでしたが、焼き方上手で、尻尾の手前を手でつかんで頭からパクリと、そんなに頭の骨もひっかからず、美味しく頂ました。最近、岩魚に飽きていましたが、岩魚の塩焼きも、ほどよい焼き方なら秋にはいいです。


じゃがだんご汁


SN3N0470.jpg

じゃがいもの摩り下ろし団子がはいったお椀。これはうまかったなあ。もっと大きなお椀でほしいくらい。

手まり寿司は和牛のたたきと八汐マス。

SN3N0471.jpg

和牛のたたきはうれしいところです。

揚げ物はカジカと湯葉

SN3N0472.jpg

舞茸の天ぷらとかもありがちなので、カジカとか出されるとうれしいものです。
二度揚げしていて、食感も良かったです。

お口直しのシャーベット

SN3N0474.jpg

柚のシャーベットでした。
花敷温泉の花敷の湯とか伊香保のぴのんでも、お口直のシャーベットが出ますが、こういうの、いいですね。
料理人の気配りが感じられます。

お肉

SN3N0475.jpg

栃木と言えば黒毛和牛、三切れでました。

SN3N0476.jpg

噛み応えもほどよく、タレもありましたが、塩でいただきました。

ご飯は釜飯

SN3N0473.jpg

1合炊きで、1膳半くらいの分量。
お米派としては歓迎。
おこげ具合もちょうどよく。

席に着いたらもう火がついていて、ちょっとしてから係りのお姉さんが混ぜてくれて、そのまま蒸らして、早めにご飯食べたいひとは食べられますよ、ということです。

シメに蕎麦

SN3N0477.jpg

出し汁が美味しかったので、女房の残した分ものんじゃいました。

デザートに梨。
これは写さなかったけれど、美味しかったですよ。

お腹一杯、美味しくいただきました。
地味もあって、工夫もあり、満足度、高いです。

部屋に戻ると、お茶の御香が炊いてありました。

SN3N0478.jpg

いい香り。


そうそう、お風呂や食事処へと向かうつなぎ廊下、猫ちゃん廊下になっていて

こんなのや

SN3N0450.jpg

こんなのとか

SN3N0455.jpg

宿には白猫ちゃんがいるんですが、呼んでもらったけれど出てこなくて、お目にはかかれず。


朝飯

SN3N0480.jpg

納豆含めておかず系の小鉢が6つに、お新香、デザートのヨーグルト

手前真ん中がスペース空いてますが、あとから、卵料理が来ます。

卵は那須伍用卵で、生か、卵焼きか、目玉焼きを選択できます。

女房は玉子焼き

SN3N0486.jpg

私は目玉焼き

SN3N0487.jpg

着席してから決めて作ってくれます。
玉子焼も、2個分つかってるかな?けっこう、大きかったし、味付けもやや甘めで美味しかった。
目玉焼きも、目玉がいい具合の半熟で、二膳目は目玉焼き丼にしました。

メインはタジン鍋

SN3N0481.jpg

今、はやりのモングル式のお鍋です。

SN3N0488.jpg

以前は蒸篭蒸しにしていたそうですが、最近、タジン鍋にしたそうです。

どでかいソーセージ!
これがうまい!
野菜の蒸されかたもよくて、私はあんまり白菜には興味がないんだけれど、甘くて美味しい!と思ってしまいました。蒸された方がいいんですね、このタジン鍋!


ご飯はおかゆとおひつの白飯

SN3N0483.jpg

おひつは写さなかったけれど、3合分くらいはたっぷりありました。
ついに、私は三膳飯をやってしまいました。


いやあ、朝飯も、大満足、とくにタジン鍋はウケる!

晩飯も良かったし、

5部屋のこじんまりしたところも、

客層もうるさいのいないし、

食事処も落ち着けたし

なんといっても泉質がバツグンだし、

貸切無料だし、

女将さんも楽しいし、


朝は、ロビーに無料コーヒーが出ます

SN3N0479.jpg


女房が女将さんと話しこんで、

朝飯のあと、ブログやってるんですよ、っていうと、チェックアウトのときに、

「米屋にもいってるんですね」と返してきたということは、すぐにネットで検索してみたということのようだ。

いろいろ、勉強熱心で、あちこち、研究にも出かけているという。

休前日で16000円、平日13850円の料金で、この満足度、

いいところ、見つけました。

紅葉もバツグンだし。  船山も花敷もいいけれど、ここもいいぞぉ~ !!!




nice!(0)  コメント(18)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 18

船山史家

いいじゃないスか。この宿。
清盛があるのなら、敦盛や知盛もあるのかな。
つなぎ廊下の猫たちがお導きしてくれたんですね。
お湯は硫黄なのですか?
by 船山史家 (2010-11-07 19:49) 

次郎

史家さん、今晩は。女房が言ってました、船山もいいけど、ここもいいねと。女将さんが、あっちこち勉強にいってるみたいで、向上心が見えて、応援したくなる宿です。湯は無色透明、アルカリの最強ツルツルです。こういうお湯はジャン妻さんとかよろこびますよ。
by 次郎 (2010-11-07 20:10) 

横G

こんばんは(^-^)
天気も紅葉も更にお宿も良かった様で良かったですね(^^)v
湯西川と言えば前に伴久に社員旅行で泊まった事があるのですが囲炉裏端の食事処の床がやけに冷たかった印象しかありません(;^_^A
小さな宿の心のこもったおもてなしが心惹かれます(^-^)
by 横G (2010-11-07 22:28) 

のん

立ち寄りのみなので、宿泊の様子が見られて、参考になりました。
良さそうですね!
御飯も美味しそう~(^^♪
これからは、雪深くなりますが、またそれも良しで、あの川沿いのお豆腐屋さんで湯豆腐を食して温まるのもいいですよ(*^^)v
次回の湯西川では、上屋敷平の高房が候補でしたが、こちらも良さそうですね!
by のん (2010-11-07 22:33) 

美和

横Gさんこんばんは(^-^*)/旦那はお疲れでもう寝てしまったので変わりです。ここよかったです。料理美味しかったし部屋広いしお湯いいですし。紅葉の時期は湯西川温泉の大型旅館は三万越えるんです。ばかみたいですよね。
by 美和 (2010-11-07 22:38) 

美和

のんさんこんばんは(^-^*)/次郎さん寝てしまったので変わりです。お豆腐って宿のではなかったのですね。ここ泊まったら大旅館は泊まれなくなるかも。大旅館は眺めはいいみたいですよね。のんさんも是非泊まって貸し切り風呂にお入り下さいね!お湯いいですよ。
by 美和 (2010-11-07 22:44) 

ふくらすずめ

こんばんは。
とうとう最強のお宿を発掘なさってしまいましたね(^^)v 規模・泉質・お料理、何をとっても素晴らしい!
三つの浴室の使い勝手もよさそうだし、食事の合間のシャーベット、お香の設え、無料のコーヒー。こんな小さなことの積み重ねに、心を絡めとられていくんですよね。
そして、何といっても、カジカ! 大好物なんです! いつも出てくるわけじゃないのかもしれませんが、ポイント高いです。
「行かねばならね宿 」です。ありがとうございました。
by ふくらすずめ (2010-11-08 00:12) 

次郎

のんさん、ふくらすずめさん、横Gさん、おはようございます。昨日は記事アップして、民宿特集のテレビみて、とっとと寝てしまいました。部屋からの景色、風呂からの景色、部屋の備え、食事のボリュームなど、船山の豪華さにはかないませんが、とにかくお湯がいい、宿の姿勢もいい、料理は美味しく工夫があって、ほんと、応援したくなる宿です。湯西川は会津への道中でもあるので、ここと湯神の連泊というのもいいだろうなあと思いましたよ。
by 次郎 (2010-11-08 06:53) 

もみじ

おはようございます。
湯西川温泉にはかれこれふた昔も前に宿泊したことがあります。
宿は伴久萬久旅館でしたが、若女将さんが十二単を着こんで、部屋まで挨拶に来られました。
夜遅くの露天風呂に名物大女将が入ってこられて、温泉成分を流さないように、上がり湯を掛けたり身体を拭いたりしないように、と言われたことを、今でも実践しています。
私の今年最期になるであろう紅葉狩りは新潟松之山温泉でした。

by もみじ (2010-11-08 08:11) 

次郎

もみじさん、おはようございます。
湯西川、よかったですよ。
最近は、湯西川の大旅館の評判も色々あるようですが、清盛はこじんまりで暖かく、清潔で、便利で、とてもよかったですよ。
寺社仏閣の紅葉もいいですけれど、ドライブの山紅葉はまた格別です。照葉峡、水上、日塩もみじライン、日光中禅寺湖、奥日光といってきましたが、湯西川もまたすばらしかったです。写メで適当に撮っているといまいち、山が鮮明でないので、今度はデジカメでガッチリ撮影しようかなとも思っています。
松之山もよかったんでしょうね。いずれ行きたいところです。
by 次郎 (2010-11-08 08:25) 

みー

記事のアップを楽しみに待っていました。昨日コメントしたはずなのに、送信を忘れたみたい・・・^^;
お天気にも恵まれて、紅葉もバッチリでしたね。
次々現れる景色に感動・・ってわかります。
再来週の那須はさすがに終わってるでしょうね・・
そしていいお宿を見つけましたね。全部我が家の理想にピッタリ!! お気に入りに入れさせていただきます。

by みー (2010-11-08 08:38) 

次郎

みーさん、どうも、再来週は厳しいかもしれないけれど、那須いくなら、塩原近いか塩原の入り口あたりはちょうどピークかも。
山ん中は、いいですよ、清清しくて。
昨日も民宿特集のTVやっていたけれど、最初のいらっしゃいませ、ようこそ、のところが一番大事ですね。
タジン鍋は面白いです。買おうかな。
by 次郎 (2010-11-08 08:49) 

uc

今回はお天気がよくて、よかったですね!!
湯西川の紅葉、ありがとうございます。
運転手がほしいでぇ・・・す!
一度行ったことがあります。往き返り”湯けむり号”という無料送迎バスを利用して、湯西川本館という宿でした。”湯けむり号”が無料で、ありがたいのですが、朝ご飯食べたらもう一時間ほどで(記憶によると)集合しなくてはならず、話に聞いた湯どうふも食べることが出来ず、帰路は3箇所ぐらいお土産やさんに立ち寄り、ほぼ一日かかって、夕方帰り着きました。乗っていれば着くので、運転できない私にはなんとも言う権利は無いのですが・・。では、今日は家事に精出します。
by uc (2010-11-08 10:11) 

次郎

ucさん、今晩は。湯西川、よかったですよ。湯けむり号、すれちがいましたよ。無料送迎バスは制約あるけど、路線バスを上手く乗っていくと、いい旅できそうな気がします。ガソリンは往復で半分使ったから2500円くらい、往復の高速が千円ずつ、電車、バスよりは安いかな。運転大好き人間でもないので、時々、めんどくさいこともありますよ。
by 次郎 (2010-11-08 19:25) 

とん子

いいお宿みつけましたね。
探せばあるんですね~
13850円は・・安いです
女将さんの研究熱心が宿に反映されているのがよくわかりますよ。
早速「お気に入り」に入れます、でも湯西川温泉は遠いな~
by とん子 (2010-11-08 19:47) 

次郎

とん子さん、今晩は。帰りの電車なうです。湯西川は遠いよ。埼玉からは案外近いけど。山ん中のどん詰まりです。平家の落人集落ってことだけど、平家の皆さん、よくここまでにげましたねぇ。でも、逃げたのが紅葉の時期だったら、逃げながら、いいとこだなあ、桃源郷だなあ、とか思ってたりして。
by 次郎 (2010-11-08 19:58) 

遠霞(とおがすみ)

こんばんは。
そうでしたか、こちらのお宿でしたか…
ここは、じつは先日の手白澤温泉宿泊の前後で狙ったお宿でした。満室だったか、値段が高かったかで諦めたのです。
さらにいえば、その前から、ここは行こうと考えていたお宿なのです。蕨屋さんのこのレポで、非常に満足できるお宿だとわかったので、必ずいつか追っかけするつもりです。

ここを検索して見付けてから、この11月の冒頭に泊まろうと考えたり、あるいは冬に電車旅で湯神に行くときに、ここにも泊まって2泊にしようと考えたりしていました。同じようなことをお考えになっていらっしゃったのですね~

お風呂もさることながら、やはりお料理がかなり美味しそうですね。私にとっては非常にありがたいレポでした。平日狙いでいつか必ず♪
by 遠霞(とおがすみ) (2010-11-08 21:58) 

次郎

遠霞さん、おはようございます。昨晩は早く寝てしまいました。清盛は、部屋の景色以外、満足度高いです。冬の雪道は大変かもしれませんが、新緑、紅葉、雪景色、いいと思います。女将の姿勢がいいんで、もし訪ねたら、声かけて話てみてください。
by 次郎 (2010-11-09 07:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1