So-net無料ブログ作成
検索選択

3か月ぶり温泉旅は、四度目の上州、四万温泉、長静館でした [旅行・地域]

3か月ぶりに温泉へ行ってきた。

年明け、お袋さんが転倒骨折入院、入院中に認知症が進行し、退院後はホームへ入所したのだが、入院から退院、入所へ至るまで、都合7回、札幌羽田を往復した。
1月、2月はまだ温泉へ行く余裕もあったが、3月以降は段取りのとんぼ返りで温泉どころではなかった。

3月末に入所、GW明けには少し落ち着いた。

3か月振りの温泉は、上州、四万温泉、長静館。
4度目。

四万温泉は、積善、たむら、グランド、やまぐち館等々、都合20回位行っている。行きつくした感もあるのだが、最近、特に女房がダントツのお気に入りとしている、この長静館がバツグンにいい。

1万円台後半で、
ワインがよくあう、フレンチ、イタリアンも漂う、かなりこだわりの創作料理。
1日4組限定のこじんまりとした大人の静けさと、
源泉かけ流しのすばらしい温泉。

5月、ちょうど、新緑の季節

道中の四万川

1431755313473.jpg

温泉口へ向かう途中に、四万甌穴があるが、そこだけではなく、あちこち、こんな清々しい渓流を見ることができる。

1431754979501.jpg

商売っ気が目立たないというか、大旅館の「いらっしゃいませ~」的なところではない。

DSC_1793.JPG

カウンターで、大人げな女将さんが静かに出迎えてくれて、

DSC_1738.JPG

鍵を渡され、布団も自分たちで敷く。

ホテル感覚ですな。
煩わしくなくていい。

部屋は渓流沿いの和室。

DSC_1709.JPG

決して、華美ではなく、肩の力をほぐす間。

窓際で外をぼんやりと眺める。

DSC_1705.JPG

窓の下は、

DSC_1727.JPG

新緑の渓流

DSC_1771.JPG

渓流沿いなので、それなりに川の音がする。
これをせせらぎと聞くか、川の音が気になる、となるかは、その人次第。
川好きには最高のロケーション。

風呂ももちろん、渓流沿い。

DSC_1731.JPG

貸切風呂からも渓流が十分に堪能できるが、

男湯の露天風呂はもっと開放的で、
川にかかる橋からは丸見えだ。

DSC_1769.JPG

でも、この橋を通る人はほぼ皆無だから、煩わしいことはない。


DSC_1767.JPG

朝風呂後に、その橋まで行ってみたが、危なそうな橋なので、女子は行かない方がよさそうだ。

DSC_1771.JPG

浴衣も、特大と大をいつも用意してくれる。

DSC_1719.JPG

帯も二重巻きで十分の長さ。
短いと、太っちょにはちょっと困ることもあるからね。

洗面所もしゃれた感じ。

DSC_1711.JPG

茶菓子も美味しいし、ドリップ式のインスタント珈琲もある。

DSC_1706.JPG

夕食

DSC_1740.JPG

食事処に四組

お品書き

1431766863504.jpg

南ふとし さんが創る。 地産地消。自家製。

アスパラのムース

1431767551832.jpg

これが一番の楽しみでもある、野菜たち

DSC_1743.JPG

地場の野菜をちょこっとずつ、
それぞれ、絶妙の火加減、あぶり。

特段、普段は野菜好きではないおっさんでも、ここの野菜盛りが楽しみになる。

シャルキュトリー

DSC_1745.JPG

けっこう、厚みがあります。

DSC_1746.JPG

ベーコンやソーセージも自家製ですからね、ここは。

カダイフをつかったお魚料理

DSC_1748.JPG

中身は、イトヨリダイとホタルイカ

DSC_1750.JPG

上州牛のステーキ丼、ミニ丼。

DSC_1752.JPG

メインの肉料理は上州豚

DSC_1754.JPG

豚なんだけど、そのしっとり感、柔らかさはちょっと豚を超えているかも

焼きおにぎりのお茶漬け

DSC_1757.JPG

御口直しのシャーベット

DSC_1758.JPG

この後にメインのデザートがあるんだけど、お腹一杯になるので、それは朝食に回してもらう。

朝食は、完全和食、完璧和食、with  新緑 and Jazz

DSC_1775.JPG

焼き魚、肉豆腐、ウド、ワラビ、ジャコ、納豆の入った出汁巻き、お椀

DSC_1778.JPG

プラス、大きな味噌汁か潮汁が出るのだが、今回はクエの潮汁

DSC_1784.JPG

夕食のデザートを朝食に回してもらったので、ドルチェのブラマンジェ

DSC_1787.JPG

ミルク、野菜ジュース、コーヒー(赤ポット)、他に紅茶も日本茶もドリンクバーで

DSC_1773.JPG

若かったら、ご飯三膳、四膳食べたくなる充実ぶりです。
夕食が仏・伊・欧・和の総攻撃創作料理、それが朝は完璧和食、そのバランスがとても良い、
等と、食通ぶってるわけではないけれど、
色んな物を、
地場のものを、
腕によりをかけた自家製で、
和洋のいいとこどりで、
夜はワインも進むし、朝は珈琲がうまい。

食後の一服

1431755742229.jpg

ただ一点、残念なところは禁煙なこと。
でも、一日一箱の私でも、そんなにストレスにならない。
なぜなら、こんな喫煙スペースがあるから。

1431755730063.jpg

ラウンジにはジャズがかかり、柔らかい音があって

DSC_1736.JPG

なるほど、宿の主人はこんな趣味なんだなあとか、

DSC_1735.JPG

「俺は絶対に禁煙宿はイヤダ!」とおっしゃる御仁には、禁煙宿デビューしやすい、優しい空間です。

二階には、小休止出来るスペースがあって

DSC_1792.JPG

絵本が置いてあって

こんなのを見ると、

DSC_1762.JPG

ほんと、あのおっさん、これだわ、とか、

とか言っている自分はどうなのよ?! とでも問われているようなこんなのとか

DSC_1764.JPG

でも、これが一番、落ち着くかな

DSC_1760.JPG

とかね、自分を振り返る、ちょっとした瞬間も大事だね。

ということで、
3か月ぶり温泉は、ここでした。

ひとまず、お袋さんは落ち着いたけど、長女、といっても猫だけど、
病気療養中で大変だし、
50代半ばになると、自分自身の健康面も、親も、会社も、家族も、なんだかんだと大変なんで、
希望通りの温泉通いが出来るかどうかは、その時次第、
じゃあ、ひとまず、ここ行っておくか、という感じで選ばれたのが上州、四万温泉、長静館でした。

いいお湯と
静なひと時と、
美味しい食事を有難う。南さん!

またそのうち!

長静館の公式サイトはこちら


旅色に紹介されたというバナーがあって、その表紙がガッキーだったんで、来たのか?と思ったけど、表紙だけのようだわ、残念!

r400_30.jpg

でも、さすが、プロの写真なので、綺麗に撮れているので、ご覧下さい。


今回で4回目ですので、 蕨屋次郎 長静館 で検索すると、過去分、出てきますので、ご参照ください。

このブログは、これを飲みながら書きました。

DSC_1794.JPG

〆張鶴  

雪中梅とともに私の好きな新潟のお酒です。

1429948675494.jpg

雪中梅 with 病気療養中の長女


何と、北戸田のジャスコ、じゃなかった、イオンの酒売り場に雪中梅もこの〆張鶴もあります。
意外と充実しているんですよ、イオンさん。
ちなみに、私は、イオンのゴールドカードです。ETCもイオン! 
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(4) 

nice! 0

コメント 4

ちゅーりっぷ

こんばんわ。
四万、長静館よりお帰りなさい。
1日四組という静かな空間、美味しそうなお洒落なお料理、鮮度も抜群な温泉とロケーション!
良いな~(^-^)
私も2月中旬に、稲取に一泊して以来、お泊まりは行ってないので・・・今月末、やっと一泊2日で何処かに行けそうです。
時々、夫婦で、ボーッと気分転換に温泉に行く位のわがままなら、許されますよね♪
行けるとき行っておこうと思います。
そのためには健康でいないとね、お互いに体調管理、気を抜かないようにしたいですね。
by ちゅーりっぷ (2015-05-19 23:35) 

蕨屋次郎

おはようございます、ちゅーりっぷさん。
「時々、夫婦で、ボーッと気分転換に温泉に行く位のわがまま」は、許されますよ。 わがまま、と思わずに、必要な息抜き、と思います。
(⌒_⌒)ニコ
長静館は、そんな息抜きしたい中高年夫婦にはよいところです。
女将はおしとやか、ご主人も寡黙な料理人、客も場所をわきまえて旅慣れしている人々なので、くつろげます。
行ける時に、温泉行ってくださいね。
何か始まると、ほんと、てんてこ舞いになっちゃう年頃ですから、お互いに。








by 蕨屋次郎 (2015-05-20 08:55) 

umashi2015

初めまして。突然のご連絡を失礼致します。

私、HUNTERS株式会社の永田と申します。

すてきなグルメ写真がありましたので、ご連絡いたしました。

この度、グルメブロガーさんをご紹介するグルメ情報サイト

「umashi」を公開することとなりました。

貴ブログは、数あるグルメブログの中でも記事の内容が心に残るものでした。
ぜひ当サイトに掲載させて頂きたいのですが、いかがでしょうか?
(記事の内容をそのまま掲載し、ブログへのリンクを貼らせていただきます。)

まだテスト段階ですが、
http://umashi.jp/
こちらのサイトでございます。


掲載を了承して下さるならば、お手数ですが
こちらのコメント欄か、私のブログのコメント欄にご返信していただけると幸いです。

またお知り合いのグルメブロガー様で掲載しても大丈夫という方がいらっしゃいましたら是非ご紹介下さい。

貴ブログの発展を心よりお祈りしております。


HUNTERS株式会社 永田
mail:info@hunters.co.jp
【長文失礼致します。】
by umashi2015 (2015-06-29 23:16) 

蕨屋次郎

umashi さん、ご自由にどうぞ。 紹介いただけるのは構いませんよ。

by 蕨屋次郎 (2015-06-30 08:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。