So-net無料ブログ作成

オホーツク海紀行 三泊四日の旅 初日、網走湖畔 北の暖暖 [札幌、北海道]

オホーツク海三泊四日 ふるさと紀行

姪っ子が結婚式をやる、というので40年ぶりだろうか、網走へ帰った。

網走生まれだが、親父が病魔に倒れ、札幌の北大病院に入院したことで、実家は網走を引き払って札幌へ越した。

一時は両親と、弟夫婦と、私、みな、札幌に集っていたのだが、

私は東京へ転勤、弟は大学職員へと転職して北見へ行き、親子はまた離れ離れになっていた。

親父が他界し、札幌にはお袋1人となり、今はホームにいる。時々、兄弟揃ってお袋のところに顔を出すが、私が生まれ故郷の網走へ行くきっかけも無かった。

姪っ子が結婚式を北見でやるというので、網走へ帰るいいきっかけとなった。そんなことでもなければ行くこともなかっただろうに、ありがたいきっかけをくれた。

せっかくだから三泊四日、前乗りで故郷の網走湖畔で一泊、翌日は結婚式で北見、三泊目はお隣のサロマ湖畔。

じゃらんのJALパックで一括予約した。 

一泊目

網走湖畔、ちょい丘の上にある 北の暖暖 というオーベルジュに泊まった。

女満別空港なんて、高校生の時に函館から一度飛んだ位かな。

空港でレンタカーに乗り、三泊四日の旅スタート。

最初のポイントは メルヘンの丘 

女満別空港を出て網走方面へちょっと走ったところ。 

 

DSC_3494.JPG

広大な畑に針葉樹ってのが北海道

二つ目は網走湖

DSC_3592.JPG

子どもの頃のイメージではもっと小さかったような気もしたのだけど、けっこうデカイ湖だった。

DSC_3595.JPG 

DSC_3593.JPG

 

三つ目は天都山。

網走湖畔からちょっと上ったところに天都山がある。

昔は何もなく、景色だけ楽しみで、小学生の時によく遠足で登った、ご近所。

DSC_3495.JPG 

オホーツク流氷館があって、そこで流氷の展示を見ると観覧料がとられるが、展望台から景色を見る分には無料。

網走の街並みとオホーツク海と遠方の知床半島  

DSC_3505.JPG

網走湖

DSC_3499.JPG 

 

北の暖暖へ

f3ba2a5d-e06a-4d4b-b56b-76fa14cac7de.jpg 

レイクサイドではなく、ちょっと天都山に上りかけた中腹にあるが、レイクビューバッチリのところ。

10年くらい前から今の様式で営業しているという。

 

ロビーにはどでかい薪ストーブ

DSC_3511.JPG

昔、我が家では、この半分のサイズの薪ストーブを使っていた。

木造の、大規模古民家のような造りで、とにかく 木 にこだわっている印象

DSC_3529.JPG 

部屋はレイクビューの洋間

DSC_3514.JPG 

ゆったりできるソファに、

DSC_3526.JPG 

窓の景色

 DSC_3520.JPG 

網走湖 

DSC_3521.JPG 

この湖で子供の頃よくあそんだ。

シジミとったり、一時は遊泳もできたし、冬は凍るので ワカサギ釣り ならぬ チカ釣り

※ チカというのはワカサギよりもデカイ小魚 

木の温もりあふれる調度 

DSC_3518.JPG 

自家菜園も持っている

DSC_3522.JPG 

茶菓子は網走監獄 

DSC_3525.JPG

ウェルカムサービスのゼリー 

DSC_3528.JPG

オーナーの趣味?

網走刑務所の受刑者が更生のための作業で作る焼き物=三眺焼き等も展示してあった。 

DSC_3531.JPG

 

このホテルがあるエリアは「呼人(よびと)」という。 

DSC_3532.JPG

 網走(アバシリ=チバシリ)もそうだが、呼人(ヨビト)もアイヌ語から来ている地名。

アルカリのツルツルな温泉 

 DSC_3534.JPG 

DSC_3541.JPG 

PH9.09だよ、かなりのツルツル温泉。

 

DSC_3536.JPG 

眺めも抜群

深い湯船で、綱につかまって入る露天もある。

8361ac3b-bea4-4089-aeca-4b44adf6c97e.jpg 

 

夕食はフレンチと和食の創作コラボ

DSC_3544.JPG 

 

お品書き 

DSC_3542.JPG

7月は結婚記念日もあるので、記念日サービスのワインと

DSC_3546.JPG

チーズセット

DSC_3547.JPG 

前菜のウニ

DSC_3548.JPG

これは美味かったな

もちろん、地産地消、網走近海のウニです。 

DSC_3549.JPG 

アワビ、これも地場もの、美味いに決まってる。

DSC_3553.JPG 

タラバ蟹

DSC_3557.JPG 

デカイ足一本と、身の塊の二段重ね

特に足はソースも絶妙で最高でした。 

 

3b35fa6a-6e3d-40a1-8ef2-0d3e282a1bcc.jpg

国稀という増毛の地酒を 

 DSC_3554.JPG 

タラのカレー風味スープ

DSC_3555.JPG 

揚げ物

DSC_3560.JPG 

で、フォアグラとステーキ

DSC_3562.JPG 

フォアグラは地場ものではないだろうけど、肉は地場、網走和牛

DSC_3566.JPG 

断面ショー いい肉でしたよ。フォアグラと一緒に食べるとソース、フォアグラのなめらかさ、肉の旨みの三重奏や~みたいに食感がさらに増す。 

で、また地酒を追加 

 DSC_3565.JPG

デザートも良かった。 

DSC_3567.JPG 

ちなみに 添えられているのは蕗(ふき)の甘露煮。

蕗はめちゃくちゃ採れるのですよ、網走は。

〆は紅茶

DSC_3568.JPG 

 

 

朝食もかなり良かったですよ。

洋食、和食、いくら丼お代わり自由等の選択肢

こんな素敵なレストランスペースで 

 DSC_3578.JPG 

こんな景色を眺めながら、、、

DSC_3581.JPG 

私はいくら丼三昧、真ん中の焼きのりは自家製、女房は和食食べていた。そっちの写真は女房のブログで。

DSC_3576.JPG

いくら大好きなんで 

DSC_3575.JPG 

お代わりでもう一杯

DSC_3577.JPG 

でも、さすがにそんなには食べられない。

DSC_3582.JPG 

 餌付けしているエゾリスが遊びに来ていました。

DSC_3580.JPG 

木のテーブルの左隅、拡大するとわかるかな。

実に、いい宿でした。

さすがに平日。

もう一組、客が居ましたが、ほぼ貸切状態。

部屋は禁煙、喫煙スペースは最初の方に掲載したロビーの薪ストーブ脇。

一服しにいくと、フロントのオジサンがお茶入れてくれて、

昔、このあたりに居たんだよ、なんて話をしたりね。 

 

北の暖暖

HPはこちら http://www.only-hotsk.com/index.html 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ななみ

初めましてm(__)m
北海道はやっぱり雄大ですね。
そして食の宝庫p(^^)q どれもが美味しそう。
そしてこっちは猛暑ですが涼しいんでしょうね。
by ななみ (2016-07-12 20:46) 

蕨屋次郎

ななみさん、七海さん?
はじめまして。
女房のとこは都合により※無しになってますが、ここは承認制です。
初日、北見30度!帰りの日、17度!
食べまくりしましたが、女房も私も体重変化無し!
by 蕨屋次郎 (2016-07-12 22:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0