So-net無料ブログ作成
検索選択

マッドマックスな睡眠に SAS入り [日記・コラム・つぶやき]

6月16日
 
遅番なんで、
午後出社の終電帰り
 
午前中、昼寝が習慣
 
で、いつものように、寝てると寄ってくる。
  
よっ! 寝に来たよ~
 
Fotor_149758657215673.jpg
そういえばさっき、なんか変なの付けてたね。
 
Fotor_149749727134215.jpg
 
気にしないけど、、、
 
Fotor_149758663435969.jpg
 
どっこらしょっと
 
Fotor_149758675784243.jpg
 
なぜか、足の上に乗りたがる。
 
 
ねえ、あんた、
マッドマックス 怒りのデスロードですかい?
 
Screenshot_2017-06-16-12-18-50-1.png
 
たしかに (;´・ω・)
 
Fotor_14976085871094.jpg
 
睡眠時無呼吸症候群です。
 
(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは睡眠中に呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。
 
睡眠時無呼吸症候群は閉塞性、中枢性、混合性の3つに分かれますが、閉塞性が大半を占めます。
 
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(閉塞性SAS)は、喉の奥が仰向けに寝ることで狭くなり、
空気の流れが狭くなるといびきが出現し、閉塞すると無呼吸が出現します。
 
 
判定基準は
 
「1時間あたりの無呼吸低呼吸(AHI:Apnea Hypopnea Index)の回数が5回以上」で診断されます。5~15回が軽症、15~30回が中等症、30回以上が重症です。
 
閉塞性SASは睡眠時の無呼吸により、酸素が低下し二酸化炭素が貯まることなどから心臓や血管に負担がかかり、高血圧(健常者の約2倍)や心筋梗塞(約4倍)など様々な合併症を引き起こします。
放置された場合の7-8年後の死亡率は37%とされています。
 
え~、危ないんですよ、ほおっておくと、、、
 
で、
簡易検査を自宅でしたら、
中等症と重症の境界線だったので、
 
 
彩の国東大宮メディカルセンターってでかい病院で精密検査
終夜睡眠ポリソムノグラフィー(1泊入院)
 
 
Fotor_149760780995327.jpg 
 
 
の結果が出まして、
 
はい、重症でした。
 
早速、治療しましょう。
 
その1
 
生活習慣病の改善指導
運動療法・食事療法でやせなさい    
無理! 疲れたサラリーマンに運動勧めんな!
でも、CPAPで改善すると、運動したくなるんですってよ。
 
その2
 
CPAP(シーパップ:経鼻的持続陽圧呼吸法)
 
images.jpg
 
これ、要するに
ダースベイダーってことでしょ
というよりも、
マッドマックス 怒りのデスロード だわな、、、(;'∀')
鼻マスクを通して空気で持続的に陽圧をかけ、
上気道の閉塞部位を押し広げることによって“いびき”や睡眠時無呼吸を消滅させる方法です。
有効性・安全性が高く、最も普及している治療法です。
ですって 
他には、歯科装具(マウスピース)で気道を広げる方法もありますが、重症の場合はCPAPですね。
 
その3
 
耳鼻科的手術
 
扁桃腺や軟口蓋の肥大などが睡眠時無呼吸の主因であるときは、肥大した部分を取り除く手術が有効です。
一応、そうした異常はないので、
CPAPで、
 
今日からダースベイダー
 
じゃなくて、
 
マッドマックス怒りのデスロード状態で寝て、改善してゆくことになりました。 とさ。 
 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0