So-net無料ブログ作成

塚越らーめんアップデート 「活あさりの塩バターラーメン」 2017-07-29 [塚越らーめん]

毎度の、いつもの、蕨屋御用達
埼玉県蕨市塚越にある「塚越らーめん」
 
2週間ぶり
 
20170729_113659-1.jpg
 
予告の入っていた期間限定のチャレンジメニュー
 
「活あさりの塩バターラーメン」
 
チャレンジャーな女将と息子さん、
毎度、季節限定、期間限定らーめんを投入してきます。
 
20170729_114523-1.jpg
 
あさりがたっぷり
 
20170729_114640-1.jpg
 
14個?15個くらいいました。
 
会員サービスのワンタンを除けば
たっぷりのあさりと、青ネギ少々
 
余計なものは入れずに、かなりシンプル
あさりバターの直球勝負。
塩らーめんですから、ごまかしききませんのでね、
 
これで正解です。良かった。
 
サイドは「目玉焼き丼」
 
20170729_114652-1.jpg
 
女房に
「朝、目玉焼き食べたでしょ」と突っ込まれましたが、
この日は「金曜日のカレー」が残ってなかったので、あさりバターラーメンに合わせて、何がいいかなと、ちょっとだけ考えたら、目玉焼き丼に決定した次第。
生醤油じゃなくて、チャーシューの醤油タレだろうか、けっこう美味しいんですよ。
 
ご飯、後半はれんげで掬い、塩バターラーメンのスープをくぐらせてね、さらさらっと頂くと、これがまた美味い。
 
 
女房は
IMG_20170731_200439-1.jpg 
 
「辛辛つけ麺」
 
20170729_114728-1.jpg
 
キャベツは追加 
 
つけ汁
 
20170729_114659-1.jpg
 
いかにも辛そうな、でも「1辛」。
 
私はけっこう辛辛らーめん好きで、二度食べてますが、辛いけど、濃厚旨味たっぷりでクセになる旨さです。
 
女房も美味いと。今度はつけ麺でなくて、普通の辛辛らーめん食べようかな、と言ってました。
 
因みに「辛辛らーめん」はこちら。こないだ、私が食べたやつ。
 
20170714_114332.jpg
 
後ろのお一人様のご婦人。
ご新規で、噂を聞いて来たみたいで、トマトらーめん食べたかったみたいでしたが、
トマトらーめんは季節限定になりましたので、次は9月頃になりそうと説明されてました。
 
その「トマトらーめん」、前回いただいたときの。
 
DSC_3270.JPG
これはね、相当にうまいです。
世の中的には結構トマトラーメンって、出てますけど、これはたぶん、ピカイチでしょ。
 
トマトつけ麺
 
IMG_20170225_213157.jpg 
美味いからね。
ごはんはつけ汁でリゾット風になるしね。
 
 
ただ、仕込みにはかなり手間かかるみたいだから、季節限定になったみたいだ。
 
 
夕食様にチャーシュー、持ち帰りで買ってきました。
 
これもね、美味いのよ!
 
20170729_135532.jpg
 
 
またそのうち。
女将さん、息子さん、がんばってね。
 

ちーたん特集 [猫とつぶやき]

「はい、ちーたんです。」
 
20170705_161702-1.jpg
 
「何か、ご相談でも?」
 
20170613_130021.jpg
 
 
「そう、あんたもいろいろ大変なのね~」
 
20170707_060709.jpg
 
「おい、いつまでもねてんじゃね~よ」
 
20170325_091050[1].jpg
 
「パタパタが好きです」「二本、独り占め」
 
20170701_155422-1-1.jpg
 
膝乗りちーたん
 
 
20170113_211603[1].jpg
 
 
腹乗りちーたん 
 
 
20170430_090832[1].jpg 
ネクタイちーたん
 
IMG_20170324_122020[1].jpg
※ これ、1本5千円くらいしたやつなんですけど(;'∀')
 
陽だまりちーたん
 
DSC_0733[1].JPG
 
 
夏バテのちーたん やる気なし
 
20170624_121319[1].jpg
 
やる気なし、もう一つ
 
 
DSC_1701[1].JPG
 
 
へばり気味のアップ
 
 
20170505_175906-1.jpg
隠れたつもりのちーたん
 
20161026_085347[1].jpg
 
まん丸ちーたん
 
 
20170517_113900-1.jpg 
 
ジーパン好きのちーたん
 
 
tamaki_001.jpg
 
リモコン好きのちーたん
 
 
m_SN3N0021-214f2.jpg
 
いたずら見つかって怒られるちーたん
 
20170124_205359[1].jpg
 
 
ごめんなさいのちーたん
 
 
20170326_214808~2[1].jpg
 
 
遠くを見つめるちーたん
 
20170506_191401(1)-1.jpg
流し目ちーたん
 
 
DSC_1246[1].JPG
  
昔、ヤンキーだったころ
 
「なめんなよ、こら!」
 
417004(1)[1].jpg
 
今もちょっとヤンキーの面影が
 
DSC_2969-1.jpg
 
  
お子様だったころのちーたん
 
 
chii[1].JPG
 
 
いまもお子様なちーたん
 
DSC_1235.JPG
 
長生きするにゃん
 
 
20170424_181354.jpg
 
 

マー君のちっちゃいころと、銀婚式も通過して、 [猫とつぶやき]

写真整理してたら、昔の?まー君を発見。
どっかで使ってるとは思うのだが。
Fotor_150114069875117.jpg
まだ、毛羽立ってるものな~。
 
現在
 
20170528_081158-1.jpg
 
銀婚式も通過した。
次は金婚式か。
 
まあ、のんびり行こう、次の四半世紀。
これも、昔の写真倉庫から
 
m_ci_029-45c09.jpg
 
前向きにね。
 
 
ca3a0498-a38b8.jpg
 
きっといいことあるさ。これからも、まだまだね。
 
等と考えていると、
ちーたんが、 
「ん?なに?」
20170529_145220.jpg
 
「なになに?」
20170529_145220-2.jpg
 
「なにかいいこと、、、、?」
 
よりも、
 
20170529_145335.jpg
 
「ねむ~い (´Д`) 」
 
20170529_145331.jpg
 
 
だと。
 

伊香保温泉 洋風旅館ぴのん レストラン「夢味亭」訪問記録 [伊香保ぴのん・夢味亭]

 
 
ぴのんとのおつきあいももう10年以上、平成17年あたりから泊まりのブログに登場しているから、ブログ書く前も何度かランチとかで行ってたっけな。
若女将の結婚前だったけな。
温泉投宿196件目の記事で、ぴのん関係のページビューが27000PVくらいだった。
結構観られてます。
そして昔から秋山シェフだ。
ぴのんの素敵なお皿たち
 
DSC_3997.JPG
m_nasigi_002.jpg
m_kusatsu_012-927f9.jpg
DSC_2301.JPG
m_SN3N0258-1d7e8.jpg
 
 
昔のぴのん関連記事を見ると、その当時の事を思い出すなあ。
 
蕨屋次郎の温泉ブログ ぴのん・夢味亭の記録
以下、順位不同

伊香保温泉のぴのん、自前で黄金の湯、& シノワーズ 

 
 
昔の写真は、あんまり上手に撮れてないけどね、雰囲気はわかるでしょ。
ぴのんは、おひとりさまも受け入れているので、独りでも泊まりやすいところです。
うちらが松本楼に泊まった時、夕食を夢味亭でいただきましたが、何人か、おひとりさまもいらっしゃいましたよ。フレンチとシノワーズのレストランですから、別に違和感無しです。
 
部屋は改装しているみたいなんで、今度、泊まりたいと思ってますけど、まだ先かな。
何しろ、予定が立て込んでいるので。
今回の伊香保、
前橋のとんかつ「かつ久無庵」で美味しいとんかつランチ食べ、
榛名神社へ参拝し、
榛名湖経由で伊香保温泉へ下り、
っていうコースでした。
 
高崎でパスタでも食べて、
榛名湖巡り、石段街頂上の露天風呂に入ったり、
水沢観音行ったり、(お昼、うどんでもいいですよね)
いろんな雑貨屋さんもあるし、
ミュージアムもあるし、
石段街散策も楽しいし、
 
冬場はスキー客で関越もすっかり渋滞しますけど、
それ以外の時期ならね、便利ですよ。

銀婚式、上州巡り、ホテル松本楼  No.202 [伊香保ぴのん・夢味亭]

蕨屋次郎、美和、結婚してはや25年。
銀婚式?ってやつです。
もう、四半世紀も一緒にいるわけだ。
これからも仲良くやってゆこうということで、
そのお祝いをかねて、
温泉三昧をし始めた当初に、かなり通いつめた伊香保温泉、「洋風旅館ぴのん」、ではなく、今回はその本館の「ホテル松本楼」に泊まることに。
 
20170723_064322-1.jpg
 
ぴのんの夢味亭からみた松本楼
 
20170722_175542_HDR-1.jpg
すっごいどしゃ降りだった。
 
 
ぴのんで仲良くなったのが
今は本館の若女将。
若女将に婿入りした専務は今は社長で館主心得。
フロア担当だった須長さん。などなど。
スタッフはみんな、素敵な人たちです。 
今回は、松本楼に改装したばかりの洋室があるということで泊りは本館、食事は秋山シェフのいる「ぴのん、夢味亭」にするという段取りになった。
 
ぴのんにはもう10回以上泊まり、その度に本館の温泉に入ってきたので、松本楼に泊まるのはじつは初めてなんだけど、勝手知ってるためか、初めての気がしない。 
 
501号室
 
20170722_145954-1.jpg
 
洋間、ツイン、
よさげなベッドがど~んと、
20170722_145640-1.jpg
 
寝心地良かったです。
枕がふにゃふにゃ系だったんで、硬いのでないと、という人はフロントにご相談を。
うちらは大丈夫でした。
 
 
リビングもね、いい感じのソファー
  
20170722_145712-1.jpg
 
右にあるのが吊り下げ型の大型チェア
 
20170722_145649-1.jpg
座ると最初、ギイギイしますけど、いいですよ、これ。  
けっこう深々としてます。
 
Fotor_150078462725169-1.jpg
 
ダイニングもあります。
 
20170722_145723-1.jpg
 
ここで和食でもいいかも。
 
ポットはお湯と冷水。
 
20170722_150059-1.jpg
 
お茶以外はないんで、紅茶パックとかスティックのインスタントコーヒーがあると尚可、かな。
 
冷蔵庫は、やや高め設定。
日本酒が、ワンカップ一種類で600円ちょいだったので、他に冷酒とかあればね、尚可かな。
 
売店にも冷えた冷酒系は置いてなかったんで、呑むならルームサービスかな。
 
浴衣は特大にしてもらいました。
幅というか、厚みがあるもんで。 
20170722_151902-1.jpg
※ 歯ブラシ、ちょっと固すぎですよ。(笑)
 
窓の外は、裏庭。
20170722_145834-1.jpg
 
榛名山も見えますが、なんかの施設かな?
20170722_145856_HDR-1.jpg 
 
夜は灯りが消えてましたが、夕方までは人がいましたね。
 
老舗旅館にはつきものの、
例の物も
 
20170722_150143-1.jpg
 
さて、部屋はなかなかよい感じです。
WIFIも繋がるんて、巨大揺り篭椅子にどっぷりと座り、スマホかタブレットでまったりするには快適ですよ。
 
お洒落なランプ
 
20170722_194009_HDR-1.jpg
 
ベッドに寝て天井を見ると、いい感じの壁紙。
 
20170722_195752-1.jpg 
 
 
さて、温泉。 
 
八階
 
内湯、黄金の湯と白金の湯
 
20170722_153540_HDR-1.jpg
 
白金の湯には小判が散りばめられて、
 
20170722_153605_HDR-1.jpg
 
真ん中には、かの有名な?
「打出の小槌」
 
20170722_153616-1.jpg
ありがたや~。
これ、触って「宝くじ当たれ」と念じれば当たるそうです。※個人の感想です。効果は人により異なります。
 
 
黄金の湯
 
20170722_153600_HDR-1.jpg
 
八階の黄金の湯は内湯も露天も大きいのだけれど、二階は小さい内湯しかない。
でも、男女入れ替えなんで、朝は女子が八階です。 
 
露天風呂
 
20170722_152953-1.jpg
 
黄金の湯も大きいし、
 
20170722_153024-1.jpg
 
このでこぼこ感がいいね。
 
20170722_153156-1.jpg
 
大旅館だから、夕食前はみな一斉に入って混むと思われるので、チェックインしたら空いてるうちに入浴。
露天で長湯を楽しむ。
 
 
景色がいいね。
 
20170722_153045-1.jpg
白金の湯は循環塩素ですが、黄金の湯は源泉掛け流しですから、ほんと、気持ちいいですよ。
 
二階の朝風呂は人もちらほらいたので写メは遠慮。
 
チェックアウトの時、
女将(若女将)が来てくれて、女房とは久しぶりだったんで、旧交を暖めつつ、
「元気になったわね~」などと、、
 
銀婚式記念に
ぴのんの夕食時に記念写真を撮ってくれて、
額に手書きのメッセージなどいただいたり。
 
Point Blur_20170723_083902-1.jpg
(※ この裏に記念写真、これは裏側) 
 
いい記念日になりました。
 
ではまた、そのうち。(^-^)/
 
若女将、松本由起さん、
松本光男社長
須長さん、
秋山シェフ
 
みんな、ありがとう。
 
皆さんのやさしさを糧に、銀婚式にたどり着いた蕨屋、これからも仲良くやってゆきます。
猫たちと一緒に。