So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ
前の5件 | -

那須湯菜の宿芽瑠鼓、3度目 その⑤ 充実の朝食 [那須塩原]

那須湯本温泉、芽瑠鼓、3度目

 

朝食、充実してます。


20180121_080948-1.jpg

 

去年春から藁納豆をだすようになったそうです。

20180121_080449-1.jpg

調べたら結構上等ですよ。

楽天でお取り寄せできますよ。


FFD93604-7160-48D7-BF5A-7545E659362C.jpeg

  


焼き鯖と卵焼き。

卵焼きには大根菜の味噌炒めみたいなのがトッピング。

ここはいつも鯖だな。

20180121_080959-1.jpg

牛鍋

20180121_080527-1.jpg

スープ美味しいんだけど、蓮華ですくえないので、鍋持ってどうにかしようかとも思ったんだけど、やめといた。

 

ドリンクバー

地物です。

20180121_080444-1.jpg

コーヒー

20180121_080439-1.jpg

生卵もドリンクバーにある。

20180121_080432-1.jpg

りんごジュース、すんごい甘味!

トマトジュース、濃厚!

20180121_080635-1.jpg

コーヒー飲んで、名残惜しみ、、

20180121_083433-1-1.jpg


いい宿です。

今回で三度目。

特に女房がお気に入りなんで、6回くると常連さんステージがあって、いろいろ割引になるらしく、狙ってるみたい。

 

那須土産

ベルフルールのフルーツバゲット

20180121_114124-1.jpg

那須ペニーレインのパンとお約束のレモン牛乳と

那須のラスク屋さんなど。

20180121_114145-1.jpg

 

いいお宿でした。

支配人さん、いいひと。

料理人の作り手、小林シェフ、素晴らしい腕前。

スタッフもみな、いい感じ。

ほんわかしていていい宿です。 

 

またそのうち。



 



nice!(1)  コメント(0) 

那須湯菜の宿 芽瑠鼓、3度目、 その④ 絶品の夕食 [那須塩原]

那須湯本温泉、芽瑠鼓、3度目


夕食


20180120_145648_HDR-1.jpg

 

いつもはスタンダードコースのメニューに「那須黒毛和牛の握り」と「栃木県産和牛の炙り」増量というプランなんだけど、

今回は「料理長おまかせ美食コース」

当日まで何が出てくるのかわからない、お楽しみ。

 

お品書きには和牛のメンチ?、フォアグラのスープ?とか、面白そうなのがありましたよ。オマールちゃんもいるしね。


20180120_180254-1.jpg

 

ワンドリンクサービスなので、いつも女房の分も貰って日本酒を二種。

20180120_180702-1.jpg

 お酒のラインナップも充実してます。

まず、日本酒の上から二つ、

鳳凰美田の純米と、旭興の無濾過純米。

美田はキレ、旭興はまろやか、いずれも日本酒好きが好む美味さです。おススメ。

20180120_180325-1.jpg

 

最初の一品、那須牛のメンチ。

20180120_180908-1.jpg

メンチにしちゃった。

このソース、ハリッサというモロッコの唐辛子とマヨネーズ。

20180120_180921-1.jpg

そんなに辛くないけど、ピリッとして、香りがいい。メンチに合います。

20180120_181003-1-1.jpg

メンチ、肉の食感が楽しめる荒さ、まあ、ジューシーで肉汁で美味いですよ。

お野菜もね、お味噌のソースで丸ごとばっくりと食べました。

美味しかったです。

 

カンパチ

20180120_181644-1.jpg

左がいくらと醤油の醪のソース

20180120_181702-1.jpg

右が幽庵漬け

20180120_181852.jpg

両方ともね、かなり美味いですよ。

食感がね、いいんです。酒、進んじゃいますわ。

 

那須黒毛和牛のお寿司

右が炙り

左はなんと、牛タタキの海苔巻きです。

山葵もね、がっつりのっけて、一口でね、

美味いに決まってますね。

牛のタタキとか、タルタルで海苔巻きや軍艦なんてのもいいかもね。

今度、長静館の南シェフに言って見ようかな、などと余計なことを。

20180120_183012-1.jpg

 

フォアグラのスープ

20180120_183617-1.jpg

フォアグラがスープですって!

ふんわりしたフォアグラがね、ころっといて、和風出汁なんです。

20180120_183704-1.jpg

松茸の土瓶蒸しのフォアグラバージョンのような、

スープが美味いんで、この和風フォアグラスープに塚越ラーメンを合体させて

フォアグラらーめんやってくれないかなあ、塚越らーめんの女将さん!

とか、これ、お茶漬けとか、美味いだろうなぁ、

などと余計なことが頭をよぎった。

 

オマール海老のローストと春菊のリゾット

20180120_184920-1.jpg

身がぷりぷり

20180120_184936-1.jpg

上に乗ってるのが金目鯛の天ぷら!にバルサミコがさらっと。

20180120_184950-1.jpg

リゾットは白ワインソース、美味しかったです。

20180120_185344-1.jpg

 

オマール海老のビスク。

20180120_185205-1.jpg

海老味噌たっぷりのクリームスープが餡になっていてその下に茶碗蒸しがいる。

20180120_185627-1.jpg

 

お酒追加

澤姫、本醸造を熱燗で

20180120_190620-1.jpg

 

メインは那須牛のステーキ

20180120_190938-1.jpg

サーロインと「ランジリ」と肩ロースのネギ巻き

ランプとボンジリの中間部、希少部位。

レア。

左のソースは黒ごまソース。

 

お肉で御飯

20180120_191313-1.jpg

美味しかったなあ。

 

デザートは自家製プリンにバニラアイス乗せ。

20180120_192803-1.jpg

 

作り手、シェフは小林さん。

確かな腕、粋でオシャレで、優しい料理。

ご馳走さまでした。


nice!(0)  コメント(0) 

那須湯菜の宿 芽瑠鼓、3度目、その③ ほのかな硫黄泉 [那須塩原]

那須湯本温泉、芽瑠鼓、3度目

 

メルコのお湯は那須岳中腹の大丸温泉から引っ張ってます。

源泉掛け流し

20180120_151252-1.jpg

 

ほんのり硫黄臭、無色透明
20180120_151353-1.jpg
なんですけど
前回行った時、白濁だったので、なにか得した気分でした。
m_20161112_160828-1.jpg
支配人に聞くと、
温泉を引いているルートの清掃があると、溜まってた湯の花が来るらしいということです。
m_20161112_160849-1.jpg
前は、ちょうどそんなタイミングだったのかな。
まるで石膏のような濁り湯でしたなあ。
 
内湯も今回は透明。
20180120_151307-1.jpg
前回は陽射しも入って薄青乳白色でした。
m_IMG_0195-14098-1.jpg
シャンプーも洗い場設置の他に3種類。
20180120_151317-1.jpg
マッサージチェアも完備。
20180120_151242-1.jpg
湯上りに冷えた温泉水。
20180120_152810-1.jpg
言うこと無しですな。
 
ところで、館内には、あちこちに蛙。
縁起物ですかね。
マイク持ってるカラオケの蛙?

20180120_152856-1.jpg

風呂場入り口でいらっしゃいませしている蛙

20180121_083945_Burst01-1.jpg

喫煙所には灰皿頭にのっけた蛙

20180121_083958-1.jpg


20180120_152739_Burst01-1.jpg

20180120_152839-1.jpg

 

お湯が濁ってるかどうかはその時次第。

でも、濁ってなくてもいいお湯です。

 

夜は貸切あり。

朝風呂、気持ちいいですよ。


続く、、、、


nice!(0)  コメント(0) 

那須湯菜の宿 芽瑠鼓、その② 3度目は美食プラン [那須塩原]

那須湯本温泉、芽瑠鼓、

61d7b67e-1.jpg

3度目です。

20180120_193252-1-1.jpg

私のカーナビには出てきません。


Screenshot_2018-01-21-14-52-35-1.png

藤城清治美術館を目指せば近くです。

入り口の道、未舗装で結構な轍あるので、車の腹、ガリッとやらないように注意です。

 

20180120_145540-1.jpg

ちょっと早く着いたので駐車場で待機、10分前くらいにスタッフがどうぞと呼んでくれました。

20180120_152949-1.jpg

宿泊は二階。

20180121_083750-1.jpg

「しもつけ」の部屋

20180120_153002-1.jpg

10畳の和室です。

20180120_150125-1.jpg

布団は自分で敷きます。

他にベッドの洋室タイプもあります。

 

窓辺にマッサージチェア

20180120_150336-1.jpg

 

景色は山、他の部屋もみな同じかな。

20180120_150345-1.jpg

 

冬枯れの、静かな、ちょっと残雪の

ぼんやりするにはちょうどいいかな。

20180120_150354-1.jpg

 

今回は美食プラン。

なので

通常の茶菓子の他、

ソフトドリンク2本、湯けむりサイダー2本に生チョコがサービス。

20180120_150317-1.jpg

 

作務衣

20180120_150435-1.jpg

無料浴衣

20180120_150011_HDR-1-1.jpg

 

伝票後出しの飲料、コーヒーコーナー

20180120_150023_HDR-1.jpg

 

陽ざしのピルスナー、最近見かけるけど、札幌ビールの那須工場だから地ビールだね。

20180120_153236-1.jpg

 

ちょっとした部屋飲みのツマミもあるので便利。

20180120_150031-1.jpg

 

さて、美食プラン!

Screenshot_2018-01-21-14-44-07-1.png

お目当ては

20180120_145634-2.jpg

続く、、




nice!(0)  コメント(0) 

那須湯菜の宿 芽瑠鼓、3度目、その① 往きのランチ「瑞穂蔵」 [那須塩原]

1月20日、那須湯本温泉、芽瑠鼓へ。

往きのランチ、当初の予定は「ごはんや麦」だったのだけれど、、
20180120_110009-1.jpg

臨時休業だって、、( o´ェ`o)
20180120_110002-1.jpg
ほんとはイタリアンハンバーグを食べたかった。
m_ca3a0524-fb059.jpg
それとこれ!
m_sio1110_091-e2516.jpg
抜群に美味い大根サラダ
 
残念だが、和食の卯三郎も最近行ってるし、
では、久々に瑞穂蔵にでま行くか。
Screenshot_2018-01-20-13-14-43-1.png
那須では有名だから、皆さんわかるでしょ。
20180120_110912-1.jpg
11時過ぎ、そんなに混んでなかった。
20180120_114341-1.jpg
田舎膳にしようかと思ってたら、
新作で煮込みハンバーグあるっていうので
20180120_111306-1.jpg
頼んでみました。
20180120_111938-1.jpg
こんな感じです。
卵は温泉卵。
20180120_112224-1.jpg
女房は小麦粉マニアなので田舎すいとん膳
20180120_111924-1.jpg
ごはんが自慢の店てすから
炊きたて、釜炊き、おこげつき。
20180120_111950-1.jpg
いい「かげん」のおこげ具合です。
20180120_112045-1.jpg
ただし、お代わりにはおこげついてません。
20180120_112918-1.jpg
まずまず、おいしかったですが、
ハンバーグはやっぱり「ごはんや麦」ですかね。
この後、芽瑠鼓での夕食、
那須牛のメンチを頂いたのだけど、その美味さ、ごはんや麦のイタリアンハンバーグの記憶など思い出して、
やっぱりねえ、などと。。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -
2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ