So-net無料ブログ作成
旅行・地域 ブログトップ
前の10件 | -

山辺ワイナリーの農産物直売所 [旅行・地域]

御宿石川さんへ向かう道中、ちょっと寄り道して
山辺ワイナリーに併設されている農産物直売所「ファーマーズガーデン」に。
Fotor_150814683387766-1.jpg
 
ワイナリーですからブドウがメインなんですけど、
 
20171014_133525-1.jpg
色んな面白いものがあったので
例えば「小布施なす」
 
20171014_133328-1.jpg
いちじくのでき損ないなのかなあと思ったら違って
「ポポ」?とかいう不思議なフルーツ。
 
20171014_133302-1.jpg
 
万願寺唐辛子とならんで「辛コショー」?とか「ボタコショー」とか、、
 
20171014_133245-1.jpg
 
これも珍しい「サボイキャベツ」
 
20171014_133235-1.jpg
 
これ、800円とか。
ちょっと汗かく御値段ですが、
いぜんに四万温泉の長静館で食べたら網目のキャベツだね。
 
面白いので、
こちら方面にお出掛けなら、寄ってみなはれ。
因みにワイナリーには入りませんでした。
 
お留守番してました、、、
 
IMG_20171014_083757.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

信州、美ヶ原温泉、御宿石川、八回目 充実の朝食 [旅行・地域]

信州、美ヶ原温泉、御宿石川さん、8度目
 
夕食、たらふく食べて、大いびきで爆睡して、
 
翌朝は、朝風呂、いいねえ~
のんびり、貸し切りだし
 
20171015_083757-1.jpg
朝食です
 
20171015_080329-1.jpg
 
お稲荷さん、焼かれて巾着ですが、
 
20171015_080418_Burst01-1.jpg
 
その中身は、 
ハムとキノコのバージョンと
納豆バージョンの二種
 
20171015_080614-1.jpg
  
朝飯に最適です
 
小鉢も充実
 
これは茄子で、
十文字に何か挟んであるんですけど、
鶏肉です
 
20171015_080351-1.jpg
 
煮物には、信州のビタミンちくわが必ずいますね
  
20171015_080434-1.jpg
  
今回は大女将の卵焼きではなく、
シラスとかチーズとか入ったオムレツ風 
 
20171015_080406_Burst01-1.jpg
ご近所のおいしい豆腐屋さんのお豆腐と
 
 
20171015_080448-1.jpg 
 
レンコンのきんぴら、おいしかったな
 
20171015_080501-1.jpg
 
上がりには
コーヒー、紅茶、牛乳、ジュース、ヨーグルトから選ぶので
女房がヨーグルト、私はカフェオレ 
20171015_082837-1.jpg
 
朝食としては上等です。
あ、そういえばお魚がなかったけど、、
お隣の、
風情ある「きみの湯」さん、お止めになるそうです。
  
 
20171015_091331-1.jpg
 
ということで、御宿石川さん
相変わらず、いい味を出しております。
 
初夏はタケノコ尽くし
秋はマツタケ尽くし
 
米茄子料理もいろいろバリエーションあり、
朝食も充実で、
2組の小さい宿で、温泉貸し切り状態だし、
いうことなしです。
 
これからも、無理せず、頑張ってください。
通いますんでね。 
 

nice!(0)  コメント(0) 

信州、美ヶ原温泉、御宿石川 八回目、夕食 [旅行・地域]

信州、美ヶ原温泉、御宿石川さん
8度目
 
夕食
 
お品書きはありませんが、丁寧に説明してくれます。 
スタートはここから
今回はマツタケ料理のコースです。
 
前菜
20171014_175457.jpg
 
の前に、
お酒、選んでおきましたよって、
いつものお酒メニューのほかに仕入れてくれていたみたいで
(女房が酒飲みの旦那のために、なんな地酒、見繕っておいてねと頼んだみたいで)
これが、蕨屋さん用?にアップされた最新メニューで、 
20171014_152401_Burst01-1.jpg
 
じゃあ、その3つ、全部!ってなるわね。
 
20171014_180155-1.jpg
 
ガラス徳利で3種
どれもうまかったですよ
一番好みは、真ん中の大信州かな
 
日本酒の定番メニュー
 
20171014_152309-1.jpg
焼酎も、ありますよ
 
20171014_152334-1.jpg
 
ワインはここでは飲んだことないんだけど(日本酒充実しているので)
山辺ワイナリーが近くにあるので、そのあたりですかね 
 
Fotor_150796281279580-1.jpg
 
ソフトドリンク
 
Fotor_15079627462194-1.jpg
あとこんなのも
女房殿は梅酒のソーダ割のんでました。
20171014_152413-1.jpg
 
前菜のキノコ
 
アミ茸と「りこぼう」
向かって右、見てくれも味も、なんかね、レバ刺しのような、 
20171014_175406-1.jpg
 
つけ汁もうまいので、飲み干して、小皿の絵柄もね、いい感じです
 
20171014_180047-1.jpg
 
松茸尽くしの第一弾
松茸の茶わん蒸し
 
 
20171014_180708-1.jpg
 
うまいですよ、
松茸を大事に頂いた後は、流動食、一気飲みです
 
松茸尽くし第二弾
 
松茸の芳書焼き
 
20171014_180332-1.jpg
 
中身は 
 
20171014_180426-1.jpg
 
ご立派。
でかいの、二人で1本かな、
 
松茸尽くしの第三弾 
 
土瓶蒸し
 
 
20171014_183045-1.jpg
土瓶蒸し、いいよね~
  
 
20171014_183142-1.jpg
 
ここの自慢料理が米茄子料理なんだけど
 
定番は味噌田楽で、それはそれはおいしい。
他に、いろいろ変化球が出てきます。
前回は定番の味噌田楽でしたが、今回は
蕪蒸しになめこおろしかけ
 
 
20171014_181121-1.jpg
 
けっこう上品な味で、
米茄子、しっとり、ふっくらで、うまかったですよ
 
 
20171014_181353-1.jpg
 
皮もいけます
 
信州牛のステーキ
 
20171014_182042-1.jpg
 
松茸尽くしの〆
松茸ご飯のてんこ盛り
 
20171014_182757-1.jpg
一膳目
 
 
20171014_183257-1.jpg
 
二膳目
  
20171014_183804-1.jpg
 
松茸たっぷりで、腹一杯、苦しー、、みたいな。
※ 今年はマツタケ、不猟もいいとこで、めちゃくちゃ高値で、
女将さん、「いえないくらい高くて、、、(´;ω;`) 」って言ってました。
それで、魚料理削って松茸しっかり出しましたってことでした。
 
デザート
 
私がイチジク大好きなことを知ってはいないんでしょうけど、
イチジクすきでねえ、 
イチジクのコンポートでした。
 
20171014_184522-1.jpg
 
 
まあ、松茸三昧、堪能して、
食べすぎで、寝たときにちょっと動悸がしたもんだから、
やばいかなと一瞬思ったんですけど、
そりゃ、食い過ぎれば、消化しようと胃腸が全力だすので多少の動悸は当たり前です、ってねっとにでてましたんで、安心して、大いびきで、寝ましたとさ。
 
続く。。。
 

nice!(0)  コメント(0) 

信州、美ヶ原温泉、御宿石川 八回目 いつものお湯 [旅行・地域]

信州、美ヶ原温泉、御宿石川
8度目
上州四万温泉の「長静館」と、伊香保の「ぴのん」と湯西川温泉の「清盛」と、ここ御宿石川さん、
蕨屋のお気に入り、最多リピート宿の一つです。
石川の女将さん
大腿骨骨折でしばらく休業していて、
今年6月からぼつぼつと営業再開
6月に行ってきましたが、その時はまだ宿として常連さん中心のリハビリ中でしたが、
今はすっかり全面展開で、
この日もきっちり2組、取っていました。
  
天気は悪くて、、、、
霧、雨、、、
20171014_105528-1.jpg
 
でも、所々、紅葉の走りもちらほら
20171014_105403-1.jpg
圏央道白岡菖蒲から乗るのにものの10分ちょっと、便利です。
圏央道から関越、そして上信越、、
上信越はいつも東部湯の丸で降ります。
北上してそのまま松本インターというコースもあるんだけど、それとここ湯ノ丸で降りて下道いくのと、時間はさほど変わらない。
下道でも途中、有料のぼったくりトンネルを通るので、往復で千円くらいしかコストは変わらないのだけど、
下道のほうが、いろいろと寄るところもできるし、あまり信号のない道が続くので時間も変わらんし
いつも、下道です。
湯ノ丸で降りて、すぐのところのラーメン屋さんでランチしたんですけど、それは別件で掲載。
Point Blur_20171014_121029-1.jpg
山辺ワイナリーの農産物直売所とかもよったんだけど、それも別件で。
石川さん到着。
いつもと変わらない、白壁の、海鼠壁の、風情あるこじんまりな宿
20171015_091349-1.jpg
 
2組しかとらないので、気兼ねない宿です。
 
うちらはいつも、2階の部屋。
いつもと変わらない部屋の風景ですけど、
まいど、このブログを見ているひとはいつもの光景ですけど、
初見さんもいるだろうし、
一応、貼っておきますね。
 
20171014_145126-1.jpg
 
Wifiありますので、ネット出来ますよ。
茶菓子 
 
20171014_144926-1.jpg
 
栗チョコだって
寝具はね、いいんですよ、ここ。
 
実は、
季節の変わり目、前線や低気圧が来るとね、
膝痛いし(関節痛のCMに出てくる、膝をさする老婆のような膝痛を抱えております)
背中痛いし(ぎっくり背中の慢性版みたいな、、)
 
ここで温泉に入って、おいしいもの食べて、寝るとね、だいぶ、いいです。
  
20171014_145117_Burst01-1.jpg
 
温泉は、源泉かけ流しで、
適温
最近は気温は下がっているので、熱い!っていうこともなく、長湯できます。
Fotor_150796287667583.jpg
タイル風呂がいいのよ、
落ちつくよ
 
 
20171014_150122-1.jpg
 
 
20171015_084719-1.jpg
湯口を見ながらね、
のんびりとね、
 
20171014_170950-1.jpg
 
タイルがね、落ち着くのよ
 
20171014_170918-1.jpg
 
2組の客で、
2つ風呂があるので、
貸し切りで、
どっちかは空いているので、
気にせずに入れます。
20171014_171046-1.jpg
 
 
ケロリン桶がいいでしょ。
以前にこのケロリン桶、お土産に1個もらいました。
家に飾ってます。
夕食とか、朝食とか、途中のランチとか、これから別件で書きます。
 
 
 
 これまでの投宿記

信州松本、美ヶ原温泉、御宿 石川、静かで美味しいいい宿です

信州、美ヶ原温泉、御宿石川に投宿。 三度目

信州美ヶ原温泉 御宿石川さん、五度目

信州、美ヶ原温泉、御宿石川 6度目

信州、美ヶ原温泉、御宿石川、No.201 筍三味(7度目)

 

 

 

 
 

nice!(0)  コメント(10) 

札幌、紅葉の走りとみよしのカレー [旅行・地域]

三連休でしたけど、連休はどこも混むんで、我が家のお出かけは次週。

三連休は札幌の実家へ1泊2日。ホームに入所しているばあ様のご機嫌伺いと、実家の点検。

弟が一緒に来るときは外泊というか、マンションに一時帰宅させるのだけど、1人だと大変なんで面会だけ。

しかしね、7日午後に面会して、8日午前にまた行ったら、「あら、来たの」って、昨日の事を覚えてないんだから(-_-;)

まだ、息子の顔が分かるからいいけどね。

ばあ様の機嫌とか要望とかもあるので、まったく外泊無しで、昔の同期と一杯やるかという予定も立てられないので、1人で札幌行くときは、いつもだいたいはコンビニ飯で家飲みして終わり。あとは、ぐっすり眠れればいいや、という展開になる。


今回は、コンビニ飯はよして、あれ、食べようと思ってたのがあってね。

それは「みよしのカレー」 

札幌支店に数ヶ月居た時にね、ここよく使いました。 

元は餃子専門店だったのだけど、カレーを始めて、ご飯の上に餃子乗せてカレーかけるっていう、まあ関東じゃやらんよね、ということを始めてそれがウケた。

まだ、全国展開どころか、北海道制覇までいってないけど、札幌ではそこそこ有名になったかな。

20171008_120227-1.jpg

けっこう、地味な店舗なんだけどね、店員も疲れた顔のおばちゃん二人とかね。

「みよしの盛りカレー」 

20171007_171542-1.jpg

餃子、半熟卵にカレー。

特に、驚く餃子でもカレーでもないんだけど、なにかほっとする「普通の餃子とカレー」なんだな。男子はこれでいいのよ。

20171007_171414-1.jpg

こんなメニューもあるから、大食いの男子には使える店だね。キャベツの浅漬けは食べ放題。

まあ、彼女連れてくとこじゃないよ。


家呑みは「大雪の蔵」と「至福のキレ」 

20171007_210514-1.jpg

大雪の蔵は、去年、網走の「北の暖暖」に泊まったときに呑んだやつ。至福のキレは北海道限定品。


帰りの8日。

駅前までタクシー拾ったら、

なんとアウディ!

20171008_141142-1.jpg 

こういうの、あるんです。

快適ですが、落ち着かない。

停まるやすぐにトランク開いて、運転手、ガラガラをトランクに入れてくれて、乗り降りのドア開閉もやってくれて、料金は並のタクシーと一緒。いいかもね。


千歳行くには早かったんで、札幌駅周辺を散歩。

一足早い秋だね。

札幌駅南口 

20171008_112740-1.jpg

道庁

Fotor_150743467616157.jpg

の池周り 

20171008_114000-1.jpg

大通公園 

20171008_115507_HDR-1.jpg

安部ヤメロ~! やってたな。

Fotor_150743451169098-1.jpg

焼きトウモロコシ食べたかったんだけど、ニイハオな団体さんが列作ってたんでやめた。ガラガラ引いてるグループ、大概はニイハオな人たち。国慶節だしね。お金落としてくれて謝謝。

札幌テレビ塔 

20171008_115217_HDR-1.jpg

道民にはね、東京タワーとか、スカイツリーなんかはちょっと外国みたいな存在だから、札幌テレビ塔が一番なのよ。

けっこう紅葉も始まって。

丸井今井 

20171008_115304-1.jpg

地場系デパートだけど、関東の丸井とはカンケーないんだけど、、札幌の人は「まるいさん」と、さん付けで呼ぶ。

おめかししてお出かけ、まるいさんでお買い物、まるいさんのレストランでお食事してっていうね、そういうのが嬉しかったりするわけよ、特に子どもは。

狸小路を歩いてて、「カレー道場」とかあったんで、 

20171008_121304-1.jpg 

じゃあ、道場破りでもしてやるか?と思い、入ってみた。

20171008_121530-1.jpg 

オススメがこれだというのでね、ルーは美味しいです。

角煮風の肉も、まあ良いです。ただね、ルーで完全にお隠れあそばしたライス、そう、ご飯がね、ちょっと残念でしたね。

なんつ~か、ほら、安いファミレスでさ、お皿にライスで、なんかパサパサなね、もうちょっとご飯にこだわったら?っつうのあるでしょ?

カレーライスはライスを食べるのでね、米はツヤツヤ、ふっくらなね、そういうのがいいよね~、みたいな。 

 

新千歳空港で、

テレビで取り上げられてちょっと人気な北菓楼に寄り、

20171008_185403-1.jpg

いろいろ買った。

手荷物ゲート越えてからの売店で変なのみつけたんで、「ウニ軍艦味ってなんやねん?!」ってそりゃ思いまっせ。 

20171008_185652-1.jpg

味は、買って開けてみてのお楽しみ。

あとはルイベとか。

20171008_185510-1.jpg 

喫煙所の薄明かり

20171008_145844-1.jpg

これ、なにげに「肉球やないの?!」みたいな。

ああ、肉球切れの禁断症状でるわ。 

 

今回は往きも帰りもスカイマーク。

帰りは久々に飛行機までバスっていう、 

20171008_151301-1.jpg

昔はこのパターン多かったけどな。

スカイマーク、座席のコンセント、使えん!

キットカットくれたから許す。


羽田着陸時、JALの腹が開いてたのでパシャり。 

20171008_170222-1.jpg

「お帰り~」「今度はいつ飛ぶんだい?」 

IMG_20171008_131148.jpg


そうそう、羽田の喫煙所、アイコスの使用率は4割ちかく、普及しているなあと。

千歳は、1割位かな。


 

nice!(2)  コメント(0) 

上州、四万温泉、長静館、12度目、満点のいつもの朝食 [旅行・地域]

四万温泉、長静館に12度目の投宿。
 
いつもの角部屋に泊っているが
 
障子をあけ
 
20170902_144643-1.jpg
 
いつもの窓際の椅子に座り
 
20170902_144444_HDR-1.jpg
 
快晴。
 
部屋からの眺めも実にさわやか。
 
20170903_083343-1.jpg
 
朝風呂へ
 
20170902_151003-1.jpg
 
今の時期、お湯加減もちょうどいい
 
貸切風呂と
 
20170902_151116-1-1.jpg
 
露天風呂
 
20170902_150917-1.jpg
 
四万川の、いつもの景色
 
20170902_150844_HDR-1.jpg 
 
 
朝食 
 
20170903_075948-1.jpg
 
音を聞きながら
 
20170903_080027-1.jpg
 
今朝のBGMは
ザ リトル ウィリーズ 
 
20170903_080018-1.jpg
 
ノラ・ジョーンズですな
 
いつもの朝食
 
20170903_080353-1.jpg
 
女将さんが、いつも代わり映えしないので、、というのだけど、
それでいいんですよ、これが楽しみなので、と女房が答えていた。
 
朝食なんだけど、一つ一つを大写しにしてあげたくなる
 
かなり大きな、どんぶり並みのお椀で供されるお味噌汁
 
 
20170903_080233-1.jpg
 
丁寧な卵焼き、ひきわり納豆は入っていないバージョン ニラでした。
 
  
20170903_080153-1.jpg
 
朝から素晴らしい煮物
 
 
20170903_080057-1.jpg
 
鰆の時もあるけど、分厚い鮭、
皮の焼き具合がいつも極上
 
 
20170903_080146-1.jpg
 
牛肉とマイタケの煮物
これも定番
 
 
20170903_080159-1.jpg
 
唐辛子、ピリッと辛く
 
 
20170903_080204-1.jpg
 
なめこ 
これ、ご飯にかけて一膳行けますね
 
 
20170903_080215-1.jpg
 
写メ取り忘れたんだけど、
お膳左側中央の小鉢、ナスなんだけど、
くたくたの柔らかさで、すり胡麻のペーストがちょこっとあって、これが旨かったんですよ。
  
夕食から持ち越しのデザート・ドルチェ
 
 
20170903_082403-1.jpg
 
巨砲とブルーベリー
一番上がすっぱいサワークリームで、一番下にジャムがいるので、
全部混ぜていただくと旨いのですよ。
 
ドリンクバーで
 
20170903_075938-1.jpg
 
珈琲等いただいて
 
20170903_081738-1.jpg
 
ご馳走様。 
 
またそのうち。
お酒、おいしかったです。
もちろん、すべての料理も。
 
今回は、ふるさと納税で中之条町からの感謝券を使いました。
還元率50%の感謝券(と10%の農産物)。
いずれ、30%とになるそうですけど、それでも中之条、四万温泉の振興に役立って、自分たちにもお得ならね、いい制度です。
 
 

nice!(3)  コメント(2) 

上州、四万温泉、長静館 12度目、いつものおいしい夕食 [旅行・地域]

上州、四万温泉、長静館に12度目の投宿。
 
毎度、館内とかブログに書いているので、今回はシンプルに夕食編。
 
ここの楽しみは、南シェフの料理。
イタリアンでフレンチで和モダンで
食材を活かし
また ここまでやるのか? という手のくわえ方、調理に舌鼓を打つ。
 
お品書き
 
20170902_180035-1.jpg
 
テーブルはこの状態から始まる
 
 
20170902_180303-1.jpg
 
ここはワインがメインなんですけど、
私は日本酒党なんで、
そのことも女将さんたちご承知で、
 
今回は誕生月だったので、
「最初っから日本酒飲もうかな?」というと
「こんなの用意しましたよ」と出てきたのがこれ。
 
 
20170902_180408-1.jpg
 
大盃の限定品
グラスに並々と
注いでるところは画像ありませんけど、
南シェフ、ワインを注ぐように片手で底を持ち、
「手が滑りました」と並々、ギリギリまで注いでくれるのです。
いつも、手を滑らせてくれてありがとう。
 
前菜
 
冷製トマトとズッキーニのフォンダン
 
20170902_180958-1.jpg
 
フォンダンとはフランス語の「融ける、とろける」です。 
 
トマト風味のゼリーが上にいて
中にはズッキーニや 
 
20170902_181113-1.jpg
 
トマト
 
20170902_181258-1.jpg
 
この前菜は、かなりおいしいです。
実は、胃腸の調子はそんなに良くなかったんで、やや量が多いここの夕食、食べきれるかな、酒飲めるかな、などと多少、案じていたんですけど、
 
大盃が旨いのと、
このフォンダンが実にさわやかで、
胃腸も喜び、もっと食べたいと絶好調モードに入らせてくれました。
前菜としては最適でしたよ。
 
彩菜
 
ここの看板料理です。
 
20170902_182112.jpg
 
ただの野菜盛り合わせじゃあありません。
 
食べてみればわかります。
 
全部、手間かかっているのですよ。
 
(立体的に)
20170902_182122-1.jpg
 
側面から
 
 
20170902_182134-1.jpg
火加減、ゆで加減、素材の部位、選択、ソース、岩塩、
相当な手間ですよ、これ。
20170902_182151-1.jpg
 
野菜嫌いのおっさんが、これを楽しみにするのだからね
あ、ニジマスもね、最高です。岩塩でね。
これにスープとパン、デザート付けて、銀座でやればそうとうウケると思います。
 
ココット料理は「牛スジの煮込み」
 
酸味がルバーブっていうのがまたいい。 
 
20170902_184201-1.jpg
 
メイン
 
鮎のテリーヌ
 
20170902_185415-1.jpg
 
鮎をねえ、テリーヌにしちゃうわけ 
 
長静館を甚く気に入った理由の一つが、この鮎料理への驚きだったかな
 
20170902_185446-1.jpg
 
鮎、丸ごとテリーヌですから、
そりゃ、濃厚ですよ。うま味の凝縮ですよ。
それに、ソースがズッキーニ(お品書きではキュウリですけど今回は変更したとのこと)、、、それがまた合う。
ちょっとした驚きですね。 
 
一度、食べてみなはれ。
 
お凌ぎ
 
これも、お楽しみの牛の炙り握り
 
20170902_190947.jpg
 
A5のサーロインですから、旨いに決まってます
 
ここまでは日本酒をお替りで並々二杯でしたが、
 
ここからはね、赤ワイン
 
20170902_191300-1.jpg
 
ワイン飲みたいんだけど、あんまり知識がなくて、どうしようかなと思ったら
女将さんに相談してください。
 
グラスで赤、白、みつくろってくれますよ。
 
 
これもメイン
 
大和豚のポルケッタ
 
20170902_191947-1.jpg
 
大和豚料理、よく出ます。
ポルケッタとは、イタリアンのローストポークです。
赤ワイン、よく合います。
 
結構、分厚いので、その質感を
 
20170902_192001-1.jpg
 
 
お食事としての麺は
 
和風ジースーリャンメン
 
20170902_193437-1.jpg
 
棒棒鶏風の鶏肉トッピング
 
ほぐしてみると、
 
20170902_193603-1.jpg
 
さわやかでね、ここまでかなりの量、食べてきているのだけど、ここでまた食が進む。
さわやかなんで、これ、お茶漬けバージョンでもよいかもね。 
 
プレドルチェ
 
スイカの氷菓子
 
20170902_194345-1.jpg
 
 
メインのデザートは食べきれないので朝食にまわして、
相変わらず、旨いね。
ちょっと、群を抜いているね。
よく、手間を惜しまずに作るね。
ご馳走様。
就寝。
 

nice!(1)  コメント(0) 

四万温泉、長静館 12度目 往きの暇つぶし 奥四万ダム周遊 [旅行・地域]

9月2日、上州、四万温泉、長静館に12度めの宿泊。
 
チェックインは15時からなんだけど、まだ早かったので時間つぶしい奥四万ダムへ。
 
奥四万ダムには何度も行ってるし、そこの小さな共同浴場にも何度かつかっているのだけど、
そういえば、奥四万ダムをぐるりと一周したことはなかったなあ、と思い、、
Screenshot_2017-09-02-20-46-17-1.png
 
グーグルマップでストリートビューしてみると、
 
ぐるりと一周できるんじゃん、
と今更気づいて、
じゃあ、今度行ったらぐるっと回ってみようと思っていた次第。 
 
20170902_134710-1.jpg
 
結構、途中に細い道も多いのですが、対向車とのすれ違いでやばそうなところはないし、
 
途中にはこんな見晴らし台も整備されてて
 
 
20170902_134725-1.jpg
 
奥四万ダムのしっぽ 
 
20170902_134813-1.jpg
 
ダムの橋 
 
20170902_135627-1.jpg
 
ダムの奥側 
 
20170902_135833-1.jpg 
 
ダムの放流側 
 
20170902_135859_Burst01-1.jpg
 
結構、水量はありましたね。
 
それにしても、いい色、水色です。
  
20170902_135828-1.jpg
 
こんな張り紙も
 
 
20170902_135619-1.jpg
 
最近は熊出没多いですな、どこもかしこも。
 
時間つぶしには奥四万ダム湖の周遊もいいですよ。
 
一周したら、ダム橋をわたって帰れます。
ダム橋は一方通行ですので、ぐるり回ってから渡ります。 
 

nice!(1)  コメント(0) 

伊香保温泉 洋風旅館ぴのん レストラン「夢味亭」訪問記録 [旅行・地域]

 
 
ぴのんとのおつきあいももう10年以上、平成17年あたりから泊まりのブログに登場しているから、ブログ書く前も何度かランチとかで行ってたっけな。
若女将の結婚前だったけな。
温泉投宿196件目の記事で、ぴのん関係のページビューが27000PVくらいだった。
結構観られてます。
そして昔から秋山シェフだ。
ぴのんの素敵なお皿たち
 
DSC_3997.JPG
m_nasigi_002.jpg
m_kusatsu_012-927f9.jpg
DSC_2301.JPG
m_SN3N0258-1d7e8.jpg
 
 
昔のぴのん関連記事を見ると、その当時の事を思い出すなあ。
 
蕨屋次郎の温泉ブログ ぴのん・夢味亭の記録
以下、順位不同

伊香保温泉のぴのん、自前で黄金の湯、& シノワーズ 

 
 
昔の写真は、あんまり上手に撮れてないけどね、雰囲気はわかるでしょ。
ぴのんは、おひとりさまも受け入れているので、独りでも泊まりやすいところです。
うちらが松本楼に泊まった時、夕食を夢味亭でいただきましたが、何人か、おひとりさまもいらっしゃいましたよ。フレンチとシノワーズのレストランですから、別に違和感無しです。
 
部屋は改装しているみたいなんで、今度、泊まりたいと思ってますけど、まだ先かな。
何しろ、予定が立て込んでいるので。
今回の伊香保、
前橋のとんかつ「かつ久無庵」で美味しいとんかつランチ食べ、
榛名神社へ参拝し、
榛名湖経由で伊香保温泉へ下り、
っていうコースでした。
 
高崎でパスタでも食べて、
榛名湖巡り、石段街頂上の露天風呂に入ったり、
水沢観音行ったり、(お昼、うどんでもいいですよね)
いろんな雑貨屋さんもあるし、
ミュージアムもあるし、
石段街散策も楽しいし、
 
冬場はスキー客で関越もすっかり渋滞しますけど、
それ以外の時期ならね、便利ですよ。

銀婚式、上州巡り、ホテル松本楼  No.202 [旅行・地域]

蕨屋次郎、美和、結婚してはや25年。
銀婚式?ってやつです。
もう、四半世紀も一緒にいるわけだ。
これからも仲良くやってゆこうということで、
そのお祝いをかねて、
温泉三昧をし始めた当初に、かなり通いつめた伊香保温泉、「洋風旅館ぴのん」、ではなく、今回はその本館の「ホテル松本楼」に泊まることに。
 
20170723_064322-1.jpg
 
ぴのんの夢味亭からみた松本楼
 
20170722_175542_HDR-1.jpg
すっごいどしゃ降りだった。
 
 
ぴのんで仲良くなったのが
今は本館の若女将。
若女将に婿入りした専務は今は社長で館主心得。
フロア担当だった須長さん。などなど。
スタッフはみんな、素敵な人たちです。 
今回は、松本楼に改装したばかりの洋室があるということで泊りは本館、食事は秋山シェフのいる「ぴのん、夢味亭」にするという段取りになった。
 
ぴのんにはもう10回以上泊まり、その度に本館の温泉に入ってきたので、松本楼に泊まるのはじつは初めてなんだけど、勝手知ってるためか、初めての気がしない。 
 
501号室
 
20170722_145954-1.jpg
 
洋間、ツイン、
よさげなベッドがど~んと、
20170722_145640-1.jpg
 
寝心地良かったです。
枕がふにゃふにゃ系だったんで、硬いのでないと、という人はフロントにご相談を。
うちらは大丈夫でした。
 
 
リビングもね、いい感じのソファー
  
20170722_145712-1.jpg
 
右にあるのが吊り下げ型の大型チェア
 
20170722_145649-1.jpg
座ると最初、ギイギイしますけど、いいですよ、これ。  
けっこう深々としてます。
 
Fotor_150078462725169-1.jpg
 
ダイニングもあります。
 
20170722_145723-1.jpg
 
ここで和食でもいいかも。
 
ポットはお湯と冷水。
 
20170722_150059-1.jpg
 
お茶以外はないんで、紅茶パックとかスティックのインスタントコーヒーがあると尚可、かな。
 
冷蔵庫は、やや高め設定。
日本酒が、ワンカップ一種類で600円ちょいだったので、他に冷酒とかあればね、尚可かな。
 
売店にも冷えた冷酒系は置いてなかったんで、呑むならルームサービスかな。
 
浴衣は特大にしてもらいました。
幅というか、厚みがあるもんで。 
20170722_151902-1.jpg
※ 歯ブラシ、ちょっと固すぎですよ。(笑)
 
窓の外は、裏庭。
20170722_145834-1.jpg
 
榛名山も見えますが、なんかの施設かな?
20170722_145856_HDR-1.jpg 
 
夜は灯りが消えてましたが、夕方までは人がいましたね。
 
老舗旅館にはつきものの、
例の物も
 
20170722_150143-1.jpg
 
さて、部屋はなかなかよい感じです。
WIFIも繋がるんて、巨大揺り篭椅子にどっぷりと座り、スマホかタブレットでまったりするには快適ですよ。
 
お洒落なランプ
 
20170722_194009_HDR-1.jpg
 
ベッドに寝て天井を見ると、いい感じの壁紙。
 
20170722_195752-1.jpg 
 
 
さて、温泉。 
 
八階
 
内湯、黄金の湯と白金の湯
 
20170722_153540_HDR-1.jpg
 
白金の湯には小判が散りばめられて、
 
20170722_153605_HDR-1.jpg
 
真ん中には、かの有名な?
「打出の小槌」
 
20170722_153616-1.jpg
ありがたや~。
これ、触って「宝くじ当たれ」と念じれば当たるそうです。※個人の感想です。効果は人により異なります。
 
 
黄金の湯
 
20170722_153600_HDR-1.jpg
 
八階の黄金の湯は内湯も露天も大きいのだけれど、二階は小さい内湯しかない。
でも、男女入れ替えなんで、朝は女子が八階です。 
 
露天風呂
 
20170722_152953-1.jpg
 
黄金の湯も大きいし、
 
20170722_153024-1.jpg
 
このでこぼこ感がいいね。
 
20170722_153156-1.jpg
 
大旅館だから、夕食前はみな一斉に入って混むと思われるので、チェックインしたら空いてるうちに入浴。
露天で長湯を楽しむ。
 
 
景色がいいね。
 
20170722_153045-1.jpg
白金の湯は循環塩素ですが、黄金の湯は源泉掛け流しですから、ほんと、気持ちいいですよ。
 
二階の朝風呂は人もちらほらいたので写メは遠慮。
 
チェックアウトの時、
女将(若女将)が来てくれて、女房とは久しぶりだったんで、旧交を暖めつつ、
「元気になったわね~」などと、、
 
銀婚式記念に
ぴのんの夕食時に記念写真を撮ってくれて、
額に手書きのメッセージなどいただいたり。
 
Point Blur_20170723_083902-1.jpg
(※ この裏に記念写真、これは裏側) 
 
いい記念日になりました。
 
ではまた、そのうち。(^-^)/
 
若女将、松本由起さん、
松本光男社長
須長さん、
秋山シェフ
 
みんな、ありがとう。
 
皆さんのやさしさを糧に、銀婚式にたどり着いた蕨屋、これからも仲良くやってゆきます。
猫たちと一緒に。
 
 
 

前の10件 | - 旅行・地域 ブログトップ