So-net無料ブログ作成
札幌、北海道 ブログトップ
前の5件 | -

札幌、紅葉の走りとみよしのカレー [札幌、北海道]

三連休でしたけど、連休はどこも混むんで、我が家のお出かけは次週。

三連休は札幌の実家へ1泊2日。ホームに入所しているばあ様のご機嫌伺いと、実家の点検。

弟が一緒に来るときは外泊というか、マンションに一時帰宅させるのだけど、1人だと大変なんで面会だけ。

しかしね、7日午後に面会して、8日午前にまた行ったら、「あら、来たの」って、昨日の事を覚えてないんだから(-_-;)

まだ、息子の顔が分かるからいいけどね。

ばあ様の機嫌とか要望とかもあるので、まったく外泊無しで、昔の同期と一杯やるかという予定も立てられないので、1人で札幌行くときは、いつもだいたいはコンビニ飯で家飲みして終わり。あとは、ぐっすり眠れればいいや、という展開になる。


今回は、コンビニ飯はよして、あれ、食べようと思ってたのがあってね。

それは「みよしのカレー」 

札幌支店に数ヶ月居た時にね、ここよく使いました。 

元は餃子専門店だったのだけど、カレーを始めて、ご飯の上に餃子乗せてカレーかけるっていう、まあ関東じゃやらんよね、ということを始めてそれがウケた。

まだ、全国展開どころか、北海道制覇までいってないけど、札幌ではそこそこ有名になったかな。

20171008_120227-1.jpg

けっこう、地味な店舗なんだけどね、店員も疲れた顔のおばちゃん二人とかね。

「みよしの盛りカレー」 

20171007_171542-1.jpg

餃子、半熟卵にカレー。

特に、驚く餃子でもカレーでもないんだけど、なにかほっとする「普通の餃子とカレー」なんだな。男子はこれでいいのよ。

20171007_171414-1.jpg

こんなメニューもあるから、大食いの男子には使える店だね。キャベツの浅漬けは食べ放題。

まあ、彼女連れてくとこじゃないよ。


家呑みは「大雪の蔵」と「至福のキレ」 

20171007_210514-1.jpg

大雪の蔵は、去年、網走の「北の暖暖」に泊まったときに呑んだやつ。至福のキレは北海道限定品。


帰りの8日。

駅前までタクシー拾ったら、

なんとアウディ!

20171008_141142-1.jpg 

こういうの、あるんです。

快適ですが、落ち着かない。

停まるやすぐにトランク開いて、運転手、ガラガラをトランクに入れてくれて、乗り降りのドア開閉もやってくれて、料金は並のタクシーと一緒。いいかもね。


千歳行くには早かったんで、札幌駅周辺を散歩。

一足早い秋だね。

札幌駅南口 

20171008_112740-1.jpg

道庁

Fotor_150743467616157.jpg

の池周り 

20171008_114000-1.jpg

大通公園 

20171008_115507_HDR-1.jpg

安部ヤメロ~! やってたな。

Fotor_150743451169098-1.jpg

焼きトウモロコシ食べたかったんだけど、ニイハオな団体さんが列作ってたんでやめた。ガラガラ引いてるグループ、大概はニイハオな人たち。国慶節だしね。お金落としてくれて謝謝。

札幌テレビ塔 

20171008_115217_HDR-1.jpg

道民にはね、東京タワーとか、スカイツリーなんかはちょっと外国みたいな存在だから、札幌テレビ塔が一番なのよ。

けっこう紅葉も始まって。

丸井今井 

20171008_115304-1.jpg

地場系デパートだけど、関東の丸井とはカンケーないんだけど、、札幌の人は「まるいさん」と、さん付けで呼ぶ。

おめかししてお出かけ、まるいさんでお買い物、まるいさんのレストランでお食事してっていうね、そういうのが嬉しかったりするわけよ、特に子どもは。

狸小路を歩いてて、「カレー道場」とかあったんで、 

20171008_121304-1.jpg 

じゃあ、道場破りでもしてやるか?と思い、入ってみた。

20171008_121530-1.jpg 

オススメがこれだというのでね、ルーは美味しいです。

角煮風の肉も、まあ良いです。ただね、ルーで完全にお隠れあそばしたライス、そう、ご飯がね、ちょっと残念でしたね。

なんつ~か、ほら、安いファミレスでさ、お皿にライスで、なんかパサパサなね、もうちょっとご飯にこだわったら?っつうのあるでしょ?

カレーライスはライスを食べるのでね、米はツヤツヤ、ふっくらなね、そういうのがいいよね~、みたいな。 

 

新千歳空港で、

テレビで取り上げられてちょっと人気な北菓楼に寄り、

20171008_185403-1.jpg

いろいろ買った。

手荷物ゲート越えてからの売店で変なのみつけたんで、「ウニ軍艦味ってなんやねん?!」ってそりゃ思いまっせ。 

20171008_185652-1.jpg

味は、買って開けてみてのお楽しみ。

あとはルイベとか。

20171008_185510-1.jpg 

喫煙所の薄明かり

20171008_145844-1.jpg

これ、なにげに「肉球やないの?!」みたいな。

ああ、肉球切れの禁断症状でるわ。 

 

今回は往きも帰りもスカイマーク。

帰りは久々に飛行機までバスっていう、 

20171008_151301-1.jpg

昔はこのパターン多かったけどな。

スカイマーク、座席のコンセント、使えん!

キットカットくれたから許す。


羽田着陸時、JALの腹が開いてたのでパシャり。 

20171008_170222-1.jpg

「お帰り~」「今度はいつ飛ぶんだい?」 

IMG_20171008_131148.jpg


そうそう、羽田の喫煙所、アイコスの使用率は4割ちかく、普及しているなあと。

千歳は、1割位かな。


 

nice!(2)  コメント(0) 

夏休み三日目から五日目、札幌にて [札幌、北海道]

夏休み

3日目から5日目

9日、10日と暦の3連休に2連休をつけて5連休にした。

初日は女房の実家に顔を出し、

2日目は、いつもの「塚越らーめん」食べたり、宝くじ買ったり、

3日目からは2泊3日で札幌の実家に帰省。


往きはJAL 

20170811_111757-2.jpg

機内、wifi使えて快適

Screenshot_2017-08-11-12-26-36.png 

お盆のJALはちょっとね、避けたいところだけど、他、とれなかった。

陸地見えると、毎度、ほっとする。

20170811_125720-1.jpg

なんか、ANAが緊急着陸したみたいだけど、あれはびびるな。

札幌駅まで弟が迎えにきてくれた。

北見から、六時間?

老人ホームのばあ様を、車椅子押しながら自宅マンションへ1泊させる。(なぜか、外泊という)

 

ばあ様は認知症、介護3。

新しいことは覚えられない。

息子の顔はまだわかる。


昔の記憶はだんだんと曖昧になり、

記憶間違いと、思い込みが上書きされて、現実離れした思い出話が出来上がる。

それを、いわゆる「多弁症」でマシンガントークする。

毎度、そうなんだけど。

ほぼ独演会。

相槌を求めることもあるが、聞き手を見ることもなく、ひたすら喋る。

この多弁症は、認知症になる前からあった。

60代からかな。

でも、自分で年金おろし、記帳し、買い物し、タクシーも呼べていた。

認知症だと思ったのは、自分で年金おろせなくなり、問題行動が出始めたから。

骨折入院で一挙に進行した。

認知症になってからの多弁症状は、事実と異なる話のマシンガントーク。

今回は六時間。

それはちがうよ、などと否定したら最後、逆上するから、聞き手は「そうだねえ」「そうだっけねえ」と聞き流す。

忍耐力と慣れ。

だが、慣れないものだ。

 

ネット上でも、多弁症?的なマシンガントークに参ってる人達の書き込みも多々あるけど、心中察しますよ。

 

外食願望のないひとだけど、出前の寿司は好きなんで、いつも出前をとる。

 

20170811_171221-1.jpg

「銀のさら」、いつもここ。

そこそこ美味しいです。

ばあ様、食欲は旺盛、残さず食べたな。

 

ほんとは2泊させる予定だったが、

本人が「明日もどるのかい?」と聞くので、「そうだよ」といったら、素直に「お友達も待ってるし」と次の日、素直に帰ホームした。

2泊は、こっちがもたない。

ていうか、二、三日経つと外泊したことは忘れてる。

 

4日目

ばあ様をホームへ戻し、じい様の墓参り。 

巨大な室内墓地、霊廟。 

Fotor_150252572653350.jpg

お墓とか、墓参りとか、SNSに投稿するのはどうよ?ということについて、つい最近、「それは構いません」というお坊さんの話をテレビでやってたのでね、

これもまた、今時の供養でいいかなと。

まるで、体育祭のような。

雨、雪、関係なし。

便利ですよ。

缶珈琲すきだったんで

霊廟内の自販機で100円入れたら当たりひいて、それで2缶をお供え。


ばあ様、勲章の話ばかりしてたけど、

じい様は勲章いただいてるので、エライのだ!

こんなのを飾っている。

宮中晩餐会に呼ばれたのに行けなかった話を毎回聞かされる。 

20170813_075636-1.jpg

ばあ様をホームに帰して墓参りしたらバテて、その日は終わり。


札幌、寒かった?

Screenshot_2017-08-12-16-50-04-1.png

秋かよ?!

 

5日目

帰路。

札幌から千歳まで

ニイハオな団体さん、まあ甲高い大きな声で、まあ楽しそうに。(-_-;)

観光立国的にはありがたいのだけどねえ。

その点、サワディーな皆さん、お行儀良いかた多いような。

新千歳空港では、時々利用する「充電カフェ」

20170813_102231-1.jpg 

ローストビーフのクロワッサン・サンドイッチ

帰りはスカイマーク。 

20170813_122137-1.jpg

スカイマークのキットカット 

20170813_143752-1.jpg

 8月12日、13日、

千歳発羽田行き、全便空席ありだった。

海ほたる

20170813_130119-1.jpg

テレビで佐藤水産の「てまり筋子」やったらしく、お土産なんかいるかい?といったら「てまり筋子」!ってメールがきたので。

20170813_151825-1.jpg 

こんな感じです。 

20170813_183159-1.jpg

美味いんだけどね

たけ~

手まり筋子とルイベで福沢さん半分いった。

あとは

私の好きな

「流氷飴」、「バター飴」、「ハッカ樹氷」

20170813_151753-1.jpg

で、上に写ってる「リボンシトロン」に「リボンナポリン」 

ということで、わずかな夏休みも終わり。 

 

また、面倒な日常が始まる。

あ、かみさんが、カレー作って待っててくれた。

カレー、好きなんでね。

Fotor_150266768302278.jpg 


nice!(2)  コメント(0) 

札幌土産 [札幌、北海道]

6月17日、18日、一泊二日で札幌の実家へ。
 
20170618_141814-1.jpg
 
今年は三度目。
去年は6回。一昨年は10回かな。
 
ばあ様が老人ホームでご静養中のため、定期訪問。
 
認知症で骨折、その他もろもろで手こずってきたが
最近は落ち着いてきたかな。 
 
まだ、息子たちの顔はわかる。
 
記憶は断片的になってきて、都合のいいように上書保存しちゃっているから、
ずいぶんと非現実的な人生の歴史になっているが、
まあ、それもみな、通る道。 
 
同年齢のオノ・ヨーコは認知症になったと聞くが、
 
それにしても、同じく同年齢の黒柳徹子はすごすぎる、といつも思う。 
 
何かをやり続けること、発信し続けることが大事なのかもしれない。 
そういう意味では、ブログやつぶやきも、何がしかの意味があるんじゃないかなと思うので、
 
これからもグダグダと書いてゆく。 
仕事も、ほぼ文筆業(文芸系ではないから文才は無い)と言った方がいいくらいの状況なんで、
 
仕事で原稿打ちまくり、
 
趣味でブログも書いて、
 
そんだけ発信してれば、認知症にならんでも済むかもしんないね。
 
 
いつも、女房に「お土産何がいい?」とか聞くんだけど、
時間もなかったので、
 
自分の好きなものだけを買ってきた。 
 
IMG_20170619_100028.jpg
 
 
流氷飴 
 
IMG_20170619_100028-2.jpg
 
これ、好きでね。 
 
20170620_111946.jpg
 
ほら、流氷っぽいでしょ。 
 
北見で作っているのだけど、販売業者は網走観光協会という。
 
網走観光協会のHPはこちら、http://www.abakanko.jp/souvenir/ 通販もやってます。
 
 
まりも羊羹
 
IMG_20170619_100016.jpg 
 
阿寒湖の「まりも」に見立てた羊羹。
 
つまようじでプツっとさすと、薄皮が取れて中身が出てくる。 
 
子供のころ、よく、阿寒湖へ旅行したんでね。その時を思い出す。 
 
となりにあるのは
 
五勝手屋羊羹
HPはこちら、http://www.gokatteya.co.jp/marukan/   
 
 
函館近くの江差で作っている。筒状の羊羹で、
本体にヒモが付いていて、それでくるっと円柱状の羊羹を切って食べる。 
 
昔、函館の近く、上ノ国出身の上司がよく帰省土産で買ってきた。
 
 
みよしのカレー  
 
IMG_20170619_100028-1.jpg
 
 
餃子のっけて みよしのカレー 
HPはこちら、http://miyoshino-sapporo.jp/  通販もやってます。
これが一番わかりやすいかな? ↓
 
 
 
 
山親爺
 
お煎餅ですけどね、
子供のころ、親戚とかが遊びに来る時に手土産として良く頂いた。 
 
20170619_205102-1 (1).jpg
 
 
戦前からあるお菓子
 
20170620_202439-1.jpg
 
札幌 千秋庵 山親爺CM1990【北海道ローカル】
 
 
 
三方六 夕張メロン味
 
ced529f6.jpg
 
音更にある柳月のお菓子
HPはこちら、http://www.ryugetsu.co.jp/ 通販もやっている
三方六とは、薪ストーブ用の薪(タキギ、マキ)の寸法。
バームクーヘンです、実態は。
 
 
昭月のハッカ樹氷
 
20170620_202843-1.jpg 
 
これ、大好きなつ。
 
甘納豆にハッカ糖がコーティング
 
20170620_202916-1.jpg
 
高校の時、全寮制の寮生だったから、実家からよく段ボールでお菓子を送ってきたのだけど、その中によく入っていた。 
  
 
老人ホームからマンションまで、歩くと20分から25分はかかる。
へばっている時はタクシー。
 
天気よくて、歩きな気分で暇だったら、豊平川を散歩。
 
 
 
20170617_165152-1.jpg
 
 
札幌のど真ん中だけどね、緑も川もあるのよ。 
 
なんか、水上の利根川みたいな感じもあるしね
 
20170617_170252-1.jpg
 
 
昼間っから河川敷の日陰で呑んでる人々もちらほら(映さんけどね)
 
 
 
上からの眺め
 
右手上は札幌中心街
 
20170618_101107-1.jpg
 
 
札幌中心から左へ流れる豊平川
 
時々、河川敷まで増水する。 
 
 
20170618_101119-1.jpg
 
 
帰りのタクシー、信号待ちでのテレビ塔 
 
20170618_113704-1.jpg
 
子供のころは、登ってはしゃいだ。 
 
 
なかなか、自由な時間をつくって札幌訪問というスケジュールが取れない。
マンションの点検もしなきゃならんし、ばあ様の状況もみとかなあかんし、
で前後に暇つけてまでは行く余裕ないし、
だから、とんぼ返りばかりだ。 
 
 

オホーツク海紀行 三泊四日の旅 4日目 女満別のシジミラーメン [札幌、北海道]

4日目

サロマ湖からまた網走に戻り、番屋で茨城の親宛と自分家用にお土産を買う。

干物セット

DSC_3703.JPG
 
鰊はロシア産だが、あとは地場近海もの 


DSC_3704.JPG

きんき はやっぱり高いな。 
 
DSC_3705.JPG
 
 
ところで、3日目の昼飯、ここの 網走番屋で贅沢した。
 
DSC_3626.JPG
 
港に行けばなんかあるだろうと思い、帽子岩見たさに港へきたら、ちょうど、美味そうなところがいい頃合いでみつかった。
 
DSC_3620.JPG 
 
いろいろメニューがあったが、
ここは贅沢ついで、
毛ガニ定食 時価 というのを頼んだ。
 
時価っていくら?と聞くと3000円位という。
中型の毛ガニ。地場産。
 
DSC_3622.JPG 
 
 
いい蟹だった。
浜ゆで直だからね、冷凍ものの水っぽさ無し
 
カニ味噌もいい感じ。
 
DSC_3625.JPG 
 
ほぐして丼に持ったらこんな感じ
 
ea53898b-ca53-460a-bca9-6504e053ee27.jpg
 
まあ、美味かった。
 
網走では毛ガニが地場スーパーでごろごろ売っている。
 
女房は ウニ丼 時価 を頼む。
 
時価、これも3000円位
 
DSC_3621.JPG 
 
もちろん、これも地場、網走産。
美味いに決まっているわな。
 
港、見ながら
 
DSC_3619.JPG 
 
 
ここでかなり美味かったんで、帰りにもう一度寄って、干物も買った次第。
 
 
4日目最後、空港へ戻る途中、 
 
食べっぱなしの3日間だったので、最後は胃に優しそうな 

シジミラーメン

大空町女満別・道の駅メルヘンの丘 しじみラーメン WINDS

 
DSC_3707.JPG
 
 
 

結構入っていた。
網走産のシジミ。
 
DSC_3708.JPG
 
本州物は小さくて、最初に見た時にはなんだよ、これがシジミか?と驚いた。
こういうデカイのばかり食べていたから。 
 
 
女満別空港近くに朝日ヶ丘展望台がある。
 
map6.png 
 
景色がいいので、女満別空港からのフライトにちょっとだけ時間があったら、
シジミラーメン食べて、
朝日ヶ丘展望台に登って景色を眺めるといいよ。 
 
 
DSC_3714.JPG

高原の畑に牧場に
写メではよくわからんけど、湖も見える。 

DSC_3712.JPG
 
 
で、帰ってきた。
現実に。 
土産に買った地酒と鯨の大和煮をつまみにブログ書いて、
 
 
DSC_3720.JPG
 
ああ、明日からはまた日本橋の現実へ。
 


オホーツクの旅、3日目の宿泊地 サロマ湖鶴雅リゾート [札幌、北海道]

姪っ子の結婚式に合わせた我が故郷、網走への旅、3日目の宿泊地はサロマ湖鶴雅リゾート。

サロマ湖の東湾側にある。

 map1.png

網走の周辺は湖だらけ。網走湖を中心に、能取湖、サロマ湖、さらに東には白鳥の湖でもあるトウフツ湖が並ぶ。

山も川も湖も海も岬も揃っている。

夏の海水浴シーズンはわずかだが、その代わり冬はスキーにスケートだし、

四季の彩も満点だし、、、 

全部併せて 網走国定公園。

山紫水明 という言葉そのものの町。

そんなところで育ったものだから、どこへ行っても、網走周辺のほうがいいなあ、等と思ってしまう。

 

3日目。

北見駅前からスタート。

途中、網走の道中については別項で。

DSC_3639.JPG

能取岬を経由して 海岸線を進む。

DSC_3645.JPG

岬に航空自衛隊のレーダー基地がある。

そこに姪っ子のダンナがいる。

DSC_3648.JPG

オホーツク海の深い青

小雨交じりだったから全般に暗いんだが、海沿いドライブを堪能した。

岬越えでも車は少ないし、道路標識の速度規制(50キロ規制など)が全くないから、国道の一般規制で60キロ、なら大体みな70キロ超で走る。

70キロで走っていると、後ろから地元民に80キロ超で追い抜かされる。

高速要らず。

鶴雅リゾート到着。

到着時は雨だったので、外観はホテルのHPから拝借。

map4.png

レイクサイド 

 map5.png 

 

天気が良ければこの夕陽が拝めたんだか、雨で見えず

map2.png

風呂からもこんなんとか

map3.png

だったのだけれど、そこは残念。 以上は宿のHPからの拝借。

 

中国人観光客等も寄る大型リゾートだが、騒がしい客層はいなかったので、ゆったりくつろげた。

DSC_3653.JPG 

部屋は4階、よくあるリゾート系 

DSC_3659.JPG 

 眺めはよい、曇っててもよい

DSC_3660.JPG 

茨城の山海館も良かったなあと思いだす。

サロマ漁港側 

DSC_3661.JPG

対岸側

DSC_3663.JPG 

寝心地も良かった。

DSC_3657.JPG 

一応、温泉。

DSC_3680.JPG 

冷鉱泉で加温、循環、塩素なんで、温泉力としてはイマイチだが、リゾート地で温泉あるだけで、まあ堅いこと言わんでも十分だ。

やや茶褐色の内湯 

1468131308522.jpg 

 露天はごつごつした岩風呂

DSC_3675.JPG 

まあ、岩だらけ

ご覧のように雨 

DSC_3671.JPG 

風呂上りに一杯

監獄ラベルの黒ビールを飲みながら、ちょっとだけ仕事関係でPC開く。WiFi 飛んでる。 

DSC_3682.JPG 

夕食ばバイキングに海鮮鍋、刺身盛り合わせセット付

DSC_3684.JPG 

地場のウニ食べて

DSC_3685.JPG

牡蠣食べて

DSC_3686.JPG

ボタン海老食べて

DSC_3694.JPG

海鮮鍋の

DSC_3693.JPG 

キンキ食べて

DSC_3695.JPG

※ 昔昔、子どもの頃、キンキなんてメジャーじゃなかったからよく食卓で、今日もキンキだけど、なんて食べていた。それがいつからか高級魚扱いになって、大きいのだと3000円近くしたりするようになって地元民もびっくりなんだわ。釣りキンキは高い、網にひっかかってくる小振りのやつはそうでもない。地場のスーパーでゴロゴロ売っている。

他にもステーキ等の肉系やら、揚げたての天ぷらなど、かなり豊富な種類。味もよかった。

 DSC_3683.JPG 

 ※ 北見近辺は玉ねぎの産地。玉ねぎの天ぷらが美味かった。

ご飯はいくら、アナゴちらし寿司 

DSC_3692.JPG 

デザートも豊富だった

DSC_3696.JPG

けど、おじさんは飲み放題コース(一人1200円)で冷酒三本飲んで出来上がりだったので、その他の写真は女房のブログで見て下さい。 

朝もバイキング

イクラ食べ放題、掛け放題!! 朝から北海縞海老の刺身食べ放題 

DSC_3700.JPG 

イクラ、大好きなんで。初日の 北の暖暖 でも 朝はイクラ丼にしたのだけど、毎日でもいい。

※ ほんとは イクラは 塩イクラ がよい。 みりん醤油系よりもおいしいが、手間がかかる。

ここのは 鱒系のイクラ。 海では 鮭とカラフトマスが一緒くたに採れる。

秋鮭のイクラはもっと粒が大きいので、塩イクラに適する。

紅鮭は玉子が小さいので 筋子で食べるのが一番。  

DSC_3701.JPG

良かったですよ。

ほんとは創作フレンチコースもあったんだけど、団体客にとられたのでバイキングになった。

でも、十分。スバラシイ。 

 


前の5件 | - 札幌、北海道 ブログトップ