So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
御宿石川 ブログトップ
前の5件 | -

信州、美ヶ原温泉、御宿石川、9度目、朝食 [御宿石川]

信州、美ヶ原温泉、御宿石川さん

9度目の朝食。

20180603_073528_Burst01-1.jpg

岩魚の燻製焼き
20180603_073554-1.jpg
鮭とか多いけど、燻製きた。
旨かったな。
20180603_073708-1.jpg
ワラビの叩いたお浸し
20180603_073543-1.jpg
淡竹
20180603_073606-1.jpg
イカとほうれん草
20180603_073615-1.jpg
甘い、きめ細かい卵焼き
20180603_073627-1.jpg
長芋となんかの味噌
20180603_073639-1.jpg
根間がり竹と青海苔
20180603_073844-1.jpg
夕食も山菜にはちくに根間がりに、いろいろでたけど、朝もたっぷりでて、変わりたけのこ、山菜三昧でした。
ご馳走さま。
20180603_080154-1.jpg
コーヒーかヨーグルトつきます。
20180603_080209-1.jpg

また、そのうち。

お留守番してました

KIMG0447.JPG

僕もお留守番

20180326_065640.jpg

nice!(3)  コメント(2) 

信州、美ヶ原温泉、御宿、9度目、タイル風呂 [御宿石川]

信州、美ヶ原温泉、御宿石川さん、

9度目。

a2e5b791-1.jpg

家族経営の小さな宿
20180602_155253_HDR-1.jpg
二組しかとらないし、
この日はうちらだけで、実質貸し切り。
美ヶ原温泉はハデな温泉街があるわけでもなく、大旅館が乱立するわけでもなく、静かな、いいお湯のあるのんびりしたところ。
家族経営の小宿が並ぶ。
20180602_153716-1.jpg
いつも、二階の和室に泊まる。
20180602_145900-1.jpg
あ、湯沸かしポットがあった。前は沸かし機能なしのポットだった。
次はドリップ式のコーヒー持っていこう。
20180602_145826-1.jpg
コーヒーなくても冷たい麦茶、冷蔵庫にありますけどね。
自販機はないけど、徒歩直ぐなところにあるけど、麦茶以外は空の冷蔵庫あるから。
20180602_145926-1.jpg
美鈴飴
20180602_150039-1.jpg
景色はないんだけど、お隣さんの緑が爽やか。
20180602_145953_HDR-1.jpg
いつもの温泉。
綺麗なタイル風呂。
20180602_153922-1.jpg
そんなにあちちではないので長湯できます。
20180602_155049-1.jpg
お湯に浸かり、目線。
20180602_154333-1.jpg
庭に緑や、冬は雪景色見えたりして、のんびりできます。
20180602_154036-1.jpg
アメニティないので、持参!
おっさんは不要ですけど。
20180602_154727-1.jpg
なにやら怪しげな、フットマッサージ器。
20180602_154903-1.jpg
一応、使ってみた。
特に感想はございません。
もうひとつの内湯。
20180602_155149-1.jpg
こちらもタイルがいい感じで和む。
20180602_155157-1.jpg
大規模温泉地で、遊びどころ満載で、家族やグループではしゃぐ宿とは対極の、静かな小宿もね、はまると居心地いいのよ。
飯、うまいし、温泉いいし、女将さんとも馴染みだし。
四万温泉の長静館と
湯西川温泉の清盛と
ここと、
こじんまり系、ベスト3。


nice!(1)  コメント(0) 

信州、美ヶ原温泉、御宿、9度目、筍に山菜に例のもの [御宿石川]

御宿石川さんは家族経営、

料理は主に女将さんがつくる。

かなり勉強家、

プロの料理人修行を有名店で重ねたようなシェフではないけど、

腕とセンスはいい。

郷土料理、地産地消

懐かしい味わいで、

優しい料理。

先付け三種

20180602_180127-1.jpg

食前酒は「松葉のお酒」

松葉の新芽を漬け込むみたい。

健康によいらしいよ。

淡竹(はちく)の味噌煮
20180602_180141-1.jpg
淡竹(ハチク)は一般的な孟宗竹=タケノコとは違い、地下を掘らない。えぐみがないので地表に出ているのを刈り取る。
信州、地場もの。
うどぶき
20180602_180151-1.jpg
北アルプス山麓、5、6月限定の「山菜の王様」ですって!
さっぱりしたお浸し。
食感が爽やか。
蕪とホタテ
20180602_180215-1.jpg
マリネっぽい感じで蕪もしっとり
ホタテもしっかりいて、いいバランス。
20180602_180718-1.jpg
行者にんにくと餅米の焼売
20180602_181035-1.jpg
行者にんにくの餡掛けで、餅米に包まれた焼売。美味しいお椀です。
お酒は信州の白馬錦
20180602_180651-1.jpg
これを2セット。
値付けは良心的、こんなラインナップ。
Fotor_152806253595423.jpg
鮎、山椒の湯葉包み揚げ、例のもの。
20180602_181349-1.jpg
これは以前に頂いたときに結構な衝撃だったんで、今回はリクエストした。
20180602_181409-1.jpg
鮎の素揚げ
湯葉巻いて二度揚げ
山椒は小粒でピリッと辛い、というより、ベロがしびれる。
結構たっぷりの山椒!
20180602_181849-1.jpg
根間がり竹、例のもの。
20180602_182140-1.jpg
姫竹又は根曲がり竹というのは、普通の竹ではなく笹(千島笹)の若芽。
信越や東北では「根曲がり竹」、山陰では「姫竹」、山形では「月山竹」として有名。
破竹に似ているけど、破竹よりは肉厚。
米ナスの味噌田楽、例のもの。
20180602_182706-1.jpg
これは石川さんの自慢料理。
味噌田楽以外もいろんなバリエーションがあるけど、基本のこれが一番かな。
ステーキ
20180602_183756-1.jpg
とくにブランド牛とはうたってないけど、美味しいですよ。これでご飯を頂く。
20180602_183838-1.jpg
そのご飯は「コシアブラご飯」
20180602_183922-1.jpg
コシアブラはタラの芽みたいな木の新芽。
味噌汁は空豆のすり流しに淡竹も入り
20180602_184022-1.jpg
フルーツ盛り合わせは自家製リンゴジャム
20180602_190258-1.jpg
食べきれないのでおにぎり
20180602_191554-1.jpg

まあ、山菜に地場の珍しいものに

女将さんの技もひかる!

美味しい料理ですよ。

和食や洋食の料理人的なラインナップではないけど、美味しい郷土料理、丁寧な仕事がなされ、味付け、センスも間違いなし。

ご馳走さま。




nice!(1)  コメント(0) 

信州、美ヶ原温泉、御宿石川、八回目 充実の朝食 [御宿石川]

信州、美ヶ原温泉、御宿石川さん、8度目
 
夕食、たらふく食べて、大いびきで爆睡して、
 
翌朝は、朝風呂、いいねえ~
のんびり、貸し切りだし
 
20171015_083757-1.jpg
朝食です
 
20171015_080329-1.jpg
 
お稲荷さん、焼かれて巾着ですが、
 
20171015_080418_Burst01-1.jpg
 
その中身は、 
ハムとキノコのバージョンと
納豆バージョンの二種
 
20171015_080614-1.jpg
  
朝飯に最適です
 
小鉢も充実
 
これは茄子で、
十文字に何か挟んであるんですけど、
鶏肉です
 
20171015_080351-1.jpg
 
煮物には、信州のビタミンちくわが必ずいますね
  
20171015_080434-1.jpg
  
今回は大女将の卵焼きではなく、
シラスとかチーズとか入ったオムレツ風 
 
20171015_080406_Burst01-1.jpg
ご近所のおいしい豆腐屋さんのお豆腐と
 
 
20171015_080448-1.jpg 
 
レンコンのきんぴら、おいしかったな
 
20171015_080501-1.jpg
 
上がりには
コーヒー、紅茶、牛乳、ジュース、ヨーグルトから選ぶので
女房がヨーグルト、私はカフェオレ 
20171015_082837-1.jpg
 
朝食としては上等です。
あ、そういえばお魚がなかったけど、、
お隣の、
風情ある「きみの湯」さん、お止めになるそうです。
  
 
20171015_091331-1.jpg
 
ということで、御宿石川さん
相変わらず、いい味を出しております。
 
初夏はタケノコ尽くし
秋はマツタケ尽くし
 
米茄子料理もいろいろバリエーションあり、
朝食も充実で、
2組の小さい宿で、温泉貸し切り状態だし、
いうことなしです。
 
これからも、無理せず、頑張ってください。
通いますんでね。 
 

nice!(0)  コメント(2) 

信州、美ヶ原温泉、御宿石川 八回目、夕食 [御宿石川]

信州、美ヶ原温泉、御宿石川さん
8度目
 
夕食
 
お品書きはありませんが、丁寧に説明してくれます。 
スタートはここから
今回はマツタケ料理のコースです。
 
前菜
20171014_175457.jpg
 
の前に、
お酒、選んでおきましたよって、
いつものお酒メニューのほかに仕入れてくれていたみたいで
(女房が酒飲みの旦那のために、なんな地酒、見繕っておいてねと頼んだみたいで)
これが、蕨屋さん用?にアップされた最新メニューで、 
20171014_152401_Burst01-1.jpg
 
じゃあ、その3つ、全部!ってなるわね。
 
20171014_180155-1.jpg
 
ガラス徳利で3種
どれもうまかったですよ
一番好みは、真ん中の大信州かな
 
日本酒の定番メニュー
 
20171014_152309-1.jpg
焼酎も、ありますよ
 
20171014_152334-1.jpg
 
ワインはここでは飲んだことないんだけど(日本酒充実しているので)
山辺ワイナリーが近くにあるので、そのあたりですかね 
 
Fotor_150796281279580-1.jpg
 
ソフトドリンク
 
Fotor_15079627462194-1.jpg
あとこんなのも
女房殿は梅酒のソーダ割のんでました。
20171014_152413-1.jpg
 
前菜のキノコ
 
アミ茸と「りこぼう」
向かって右、見てくれも味も、なんかね、レバ刺しのような、 
20171014_175406-1.jpg
 
つけ汁もうまいので、飲み干して、小皿の絵柄もね、いい感じです
 
20171014_180047-1.jpg
 
松茸尽くしの第一弾
松茸の茶わん蒸し
 
 
20171014_180708-1.jpg
 
うまいですよ、
松茸を大事に頂いた後は、流動食、一気飲みです
 
松茸尽くし第二弾
 
松茸の芳書焼き
 
20171014_180332-1.jpg
 
中身は 
 
20171014_180426-1.jpg
 
ご立派。
でかいの、二人で1本かな、
 
松茸尽くしの第三弾 
 
土瓶蒸し
 
 
20171014_183045-1.jpg
土瓶蒸し、いいよね~
  
 
20171014_183142-1.jpg
 
ここの自慢料理が米茄子料理なんだけど
 
定番は味噌田楽で、それはそれはおいしい。
他に、いろいろ変化球が出てきます。
前回は定番の味噌田楽でしたが、今回は
蕪蒸しになめこおろしかけ
 
 
20171014_181121-1.jpg
 
けっこう上品な味で、
米茄子、しっとり、ふっくらで、うまかったですよ
 
 
20171014_181353-1.jpg
 
皮もいけます
 
信州牛のステーキ
 
20171014_182042-1.jpg
 
松茸尽くしの〆
松茸ご飯のてんこ盛り
 
20171014_182757-1.jpg
一膳目
 
 
20171014_183257-1.jpg
 
二膳目
  
20171014_183804-1.jpg
 
松茸たっぷりで、腹一杯、苦しー、、みたいな。
※ 今年はマツタケ、不猟もいいとこで、めちゃくちゃ高値で、
女将さん、「いえないくらい高くて、、、(´;ω;`) 」って言ってました。
それで、魚料理削って松茸しっかり出しましたってことでした。
 
デザート
 
私がイチジク大好きなことを知ってはいないんでしょうけど、
イチジクすきでねえ、 
イチジクのコンポートでした。
 
20171014_184522-1.jpg
 
 
まあ、松茸三昧、堪能して、
食べすぎで、寝たときにちょっと動悸がしたもんだから、
やばいかなと一瞬思ったんですけど、
そりゃ、食い過ぎれば、消化しようと胃腸が全力だすので多少の動悸は当たり前です、ってねっとにでてましたんで、安心して、大いびきで、寝ましたとさ。
 
続く。。。
 

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 御宿石川 ブログトップ